石黒賢の結婚した嫁や息子、父親やテニスや左目、大学などの学歴や経歴

NO IMAGE

爽やかな印象が強い俳優での石黒賢さん

プライベートの知られない石黒賢さんですが、嫁はどんな方なんでしょうか?

子供は息子でだけではなく娘もいるようです。

父親は戦後初のプロテニスプレーヤー。

石黒賢さんはテニスや左目で検索されているようです。

いろいろ気になったので、石黒賢さんについてしらべてみました。

石黒賢の結婚した嫁は?

石黒賢さんが結婚したのは1997年5月。

31歳のとき。

嫁は朋子さん。

嫁の朋子さんは石黒賢さんの2歳年上。

大学の先輩でした。

嫁の朋子さんは再婚で、連れ後の娘がひとりいました。

嫁の朋子さんは2007年にキッズ&レディス ブランド「ピンポンパール」を設立しています。

自分の子供のために始めたリメイクTシャツがきっけだったそうです。

石黒賢の子供は息子と娘

石黒賢さんの子供は長女、長男、次男の3人。

長女は嫁の連れ後。

長男は1998年

次男は2000年

に誕生したようです。

石黒賢の父親はプロテニスプレーヤー

石黒賢さんの父親は元プロテニス選手の石黒修さんです。

戦後初の日本人プロプレーヤーでした。

父親の石黒修さんは長崎県長崎市出身。

神戸の甲南中学1年のときにテニスを始め、甲南高校に進学。

甲南高校時代に高校総体のシングルスで全国優勝。

慶應義塾大学に進学し1957、1958年にインカレ2連覇。

大学卒業後は三菱電機に入社しプレーを続け。全日本選手権はシングルス3度優勝。

ダブルスでも3度優勝、混合ダブルでも3度優勝し3連覇して、1965年には3冠を達成しました。

ウィンブルドンには6年連続出場し1963年に己最高成績の3回戦進出を果たしています。

1972年に日本プロテニス協会を創設し、初代理事長に就任しました。

2016年11月、腎盂ガンのため都内の病院で死去しました。

80歳でした。

石黒賢 テニス

石黒賢さんがテニスを始めたのは小学2年生のとき。

一時期はプロを目指していたそうです。

中学3年生の時には、テニスの公式試合で礼宮様(秋篠宮様)と対戦、このときは『もし身体に当ててしまったら』と考えてしまい敗北。

高校時代は東京都ベスト16。

大学までテニスを続けましたが、高校3年のとき俳優デビューしたことで、俳優の道に進みました。

現在はwowowのテニス中継では番組ナビゲーターやゲストなどで出演することがあります。

石黒賢の左目とは?

石黒賢さんは『左目』で多く検索されているようです。

調べてみると、2019年に、一部で左目がおかしいといわれ、2020年7月頃に左目の黒目が白いといわれています。

白内障ではないかといっている方もいました。

白内障の初期症状は早い人は40代から始まり、厚生科学研究班の報告では、50代で37~54%の有病率だとされています。

80歳以上では100%だそうです。

石黒賢の高校、大学などの経歴・経歴

石黒賢さんは1966年1月31日生まれ

東京都出身

178 cm

父親は元プロテニスプレーヤーの石黒修さん。

兄弟は兄。

中学は成城学園中学

偏差値は53

中学時代はテニス部に所属。

高校は成城学園高校

偏差値は64

石黒賢さんはない部位進学しています。

高校でもテニス部に所属。

高校1年生の夏休みに2ヶ月間、アメリカ・サンフランシスコにホームステイ。

高校3年生のとき、TBS系のドラマ『青が散る』で俳優デビュー。

石黒賢さんは主演で、テニス部に所属する大学生・椎名燎平役、共演者には佐藤浩市さんがいました。

デビューのきっかけは、父親が知り合いからテニスの出来る男の子を捜しているといわれ、

『じゃあうちの子を』

と息子の石黒賢さんを推薦したこと。

ドラマのプロデューサーと面談し、テニスの腕前を披露し、雑談した1週間後に、

『(主演が)君になったから明日から毎日TBSに来なさい』

と言われたといいます。

出演が決まった後、撮影開始前の3ヶ月間は毎日学校終わりにTBSに通って演技の練習をしたそうです。

石黒賢さんは後にデビュー後の環境の変化について、

『(キャーキャー言われるなんて)ないですよ。皆、デビューする前から俺のこと知ってるんだもん。同級生がたまたまテレビに出るようになっただけ』

引用https://www.tv-tokyo.co.jp/

大学は成城大学経済学部

偏差値は58

石黒賢さんは大学時代もテニスを続けながら、ドラマにも出演。

大学卒業後の進路については迷っていましたが、1986年、大学3年生のときに出演した初めての映画『めぞん一刻』に出演後、俳優の道に進んでいます。

大学卒業後にはトレンディドラマに出演し人気を博し、20代後半には多くの連続ドラマで主演を務めました。

俳優カテゴリの最新記事