永作博美の旦那の内藤まろとは?子供は何人?高校、大学などの学歴や経歴

NO IMAGE

元アイドルグループ『ribbon』のメンバーだった永作博美さん。

永作博美さんの旦那の内藤まろさんとはどんな人なんでしょう?

子供は何人?

高校、大学などの学歴や経歴は?

今回は女優の永作博美さんについてリサーチしてみました。

永作博美の旦那の内藤まろとは?

永作博美さんが結婚したのは2009年4月の38歳のとき。

旦那は内藤まろさんは映像作家。

イラストレーターでもあるようです。

内藤まろさんは1970年1月16日生まれ。

年齢は永作博美さんと同じでしが、学年でいえば1学年上。

早稲田大学卒業後に博報堂に入社し、クリエーティブディレクターを経て2005年に独立。

NHK『みんなのうた』のテキスト・表紙イラストやはアサヒ飲料、トヨタ自動車、コカコーラ、日産自動車など有名企業の広告も出掛けています。

日本国内だけでなく海外でも広告賞を受賞しているそうで、結婚した際には、

『永作博美“ヤリ手”映像作家と結婚』

引用 https://www.sponichi.co.jp/

とのタイトルで報道されています。

永作博美さんと内藤麻まろさんの出会い・馴れ初めは、月桂冠のCM。

永作博美さんが2006年に出演した月桂冠『つき』のCMを内藤まろさんが手がけていたことで出会ったようです。

永作博美さんは初婚ですが、内藤まろさんは結婚歴があり、2007年に離婚が成立したそうで、再婚のようです。

永作博美の子供は何人?

永作博美さんの子供は2人。

子供は息子と娘。

2010年5月に長男

2013年6月に長女

が誕生しました。

長男が生まれたときは39歳、

長女が生まれたときは42歳でした。

永作博美さんは2児の母になった後、

『子どもを持たない人生を受け入れていました』

と明かし、2児の母になったことについては、

『奇跡としか言いようない』

と話しました。

永作博美の高校、大学などの学歴・経歴

永作博美さんは1970年10月14日生まれ。

茨城県行方市出身。

実家はイチゴ農家。

3人姉妹の真ん中。

永作博美さんは活発な子供で、魚釣りやザリガニ釣りなどをしてよく遊んだそうです。

中学は北浦三育中学校

北浦三育中学は全寮制の私立中学。

偏差値は48ぐらいのようです。

キリスト教教育を実践しており、教職員も全員がクリスチャンだったそうでが、2020年に閉校になり、千葉県大多喜町に『三育学院中学校』として移転・開校しました。

永作博美さんは中学時代、ソフトボール部とバレーボール部に掛け持ちで所属。

高校は麻生高校

麻生高校は茨城県行方市にある男女共学の県立高校で、偏差値は49。

高校時代もバレーボール部に所属。

高校卒業後は大学には進学せず、東京調理師専門学校に進学し、調理師免許を取得しました。

永作博美の芸能界デビュー

1988年、高校3年生の時、思い出作りの気持ちでフジテレビ系の生生放送番組『オールナイトフジ 女子高生スペシャル』美感少女コンテストに出場し、ベストパフォーマー賞を受賞。

これがきっかけで芸能界入り。

翌年の1989年、フジテレビ系のバラエティ番組『パラダイスGoGo!!』に乙女塾1期生として出演。

この番組から、同じ1期生の松野有里巳さんと3期生の佐藤愛子さんの3人でアイドルグループ『ribbon』を結成。

1989年12月、ファーストシングル『リトル☆デイト 』をリリースしデビューしました。

1993年にはシングル『My Home Town』でソロデビューも果たしました。

同曲はオリコン週間最高10位にランクイン。

セカンドシングル以降は永作博美さんががセンターだったようです。

同じく乙女塾からデビューした、『CoCo』らとともに人気を博し、コント番組にも積極的に出演していました。

15枚のシングルと10枚のアルバムをリリースし、1994年に『ribbon』は解散。

正式な解散発表も解散関連イベントも行われていないようで、個々の活動が多くなったことが理由での自然消滅のような形だったようです。

1994年1月、フジテレビ系ドラマ『陽のあたる場所』で本格的に女優デビュー。

永作博美さんは『ribbon』時代に『世にも奇妙な物語』などに少し出演していいます。

当時は、演技するのは恥ずかしいと思ってたといいます。

しかし、『ribbon』時代の1993年に仕事で『劇団☆新感線』の舞台にたったことで気持ちが変わったと話しています。

『演劇って毎日同じ稽古をするじゃないですか。その中で「恥ずかしい」という壁を越えるというか、ぶち破る瞬間があったんです。そこを抜けたらすごく気持ちよくなって、「この快感は何だろう。もうちょっとやってみようかな」と。』

引用 https://dot.asahi.com/

当時、毎日同じ稽古を

1996年、TBS系ドラマ『ひとり暮らし』で

第11回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞

1999年にはTBS系の主演ドラマ『週末婚』で

第21回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞

を受賞しました。

女優カテゴリの最新記事