石塚英彦の妻は?子供は息子と娘?経歴や高校、大学などの学歴

NO IMAGE

石塚英彦さんは神奈川県出身のお笑い芸人。

経歴や高校、大学などの学歴は?

結婚しているようですが、妻はどんな人?

子供は息子と娘?

今回はお笑い芸人の石塚英彦さんをリサーチしてみました。

石塚英彦の高校、大学などの学歴・経歴

名前   石塚英彦
生年月日 1962年2月6日
出身   神奈川県横浜市
身長   175cm
所属   ワタナベエンターテインメント

 

石塚英彦の学歴

小学校・横浜市立富士見台小学校

中学校・横浜市立岩井原中学校

高校・横浜市立桜丘高校

大学・関東学院大学経済学部

父親、母親、兄、弟の5人家族。

父親はバスの運転手。

小学校は横浜市立富士見台小学校、中学校は横浜市立岩井原中学校を卒業。

中学時代は水泳部に所属。

高校は横浜市立桜丘高校に進学。

横浜市立桜丘高校は神奈川県横浜市保土ヶ谷区にある男女共学の公立高校。

現在の偏差値は62。

高校時代は柔道部に所属。

高校時代の体重は60キロ前半で、高校3年生の夏の引退時には62キロでしたが、引退しトレーニングを辞めた途端に体重が激増し、高校卒業時には80キロを超えていたそうです。

柔道部以外にも自主制作映画の制作に参加していました。

大学は関東学院大学経済学部に進学。

経済学部の偏差値は50前後。

大学は就職の選択肢がより多くある文系大学への進学を考えて選んだと話しています。

大学時代は演劇サークルに所属。

大学2年生の時に2年間休学して、『劇団ひまわり』に入団。

大学は休学後に復学して卒業しました。

石塚英彦が芸能界を目指したきっかけ

石塚英彦さんが芸能界の入りたいと思ったのは高校生の時でした。

きっかけはシルベスター・スタローン主演映画『ロッキー』。

石塚英彦さんは『ロッキー』を観て、上映後に割れんばかりの拍手を送る観客の姿を見て、

『俳優という仕事は強い影響力があるんだ』

と肌で感じ俳優になりたいと強く思うようになったそうです。

俳優への思いは日増しに強くなり、ノートの片隅に映画の絵コンテとして書いていました。

それを友達に見せると面白いと評判になり、クラスで映画撮影をして文化祭で発表。

映画はロッキーの柔道版みたいな映画でタイトルは『ロッカー』でした。

高校卒業後は俳優の養成学校に入りたと両親に話したところ、

『そこに通えば確実に俳優になれるのか?』

と聞かれ、石塚英彦さんは答えられず、俳優になれなかった場合も想定して、就職の選択肢がより多くある文系大学の中から関東学院大学に進学しました。

関東学院大学選んだのは演劇サークルがあったことも理由でした。

しかし、演劇サークルに入ってみるとシェイクスピアの英語劇のみで想像していたのと違ったといいます。

どうしても俳優活動がしたかった石塚英彦さんは大学は絶対卒業することを心に決め、大学2年生の時に2年間休学し『劇団ひまわり』に入団。

『劇団ひまわり』ではレッスンは楽しいものの、入る仕事は通行人や遺体ののエキストラでセリフのないものばかりで期待していたものと違っていました。

そんな時、伊東四朗さんなどお笑い出身でもスゴイ俳優として活躍している姿を見て触発され、ワタナベエンターテインメントのお笑いタレントオーディションを受け見事合格しお笑い芸人の道に進みました。

石塚英彦 ホンジャマカ結成

石塚英彦さんはワタナベエンターテインメントのに合格後、入ってまもなく刑事ドラマの役がついたそうです。

俳優デビューはしたもののトントン拍子ににはいかず、ピン芸人として5年ほど活動しましたが、日の目を見ることはできませんでした。

石塚英彦さんは1984年にワタナベエンターテインメントが立ち上げた若手お笑いタレントグループ『BIG THURSDAY』(ビッグサースデー)に1期生といて参加。

後に相方と恵俊彰さんは3期生として参加しました。

このグループには後にABブラザーズとなる中山秀征さん、松野大介さんなども参加していました。

1988年6月、インクスティック芝浦ファクトリーにて、11人体制でホンジャマカ初ライブ『BIG THURSDAY ホンジャマカ VOL.1』を開催。

同年、テレビ朝日の演芸番組『ザ・テレビ演芸』でグランドチャンピオンを獲得しますが、その直後にメンバーが減少していき、最終的には石塚英彦さんとと恵俊彰さんのの2人だけになったため1989年にコンビ『ホンジャマカ』として再始動。

コンビになってからもホンジャマカ単独でのイベントやコンとライブを積極的に行い、テレビの仕事も増え1990年代初期の関東を代表するコンビとなりました。

石塚英彦の妻は?

石塚英彦さんが結婚したのは1990年。

28歳の頃でした。

妻は元劇団員の女性。

妻と出合ったの20歳の時で『劇団ひまわり』の同期でした。

妻との初めてのデートで食事の時に石塚英彦さんがアメリカンハンバーグとライスの大盛りを注文すると妻が『私も!』といい、そんな女性は初めてでその瞬間『こいつだ』と思ったといいます。

その後、妻の6畳一間のアパートに泊るようになり半同棲状態になりました。

しかし、結婚までは9年間を要しました。

『結局、人の人生を責任取るわけじゃないですか。たいしたギャラもない時代には迎えにいけないですよね』

引用 https://www.nikkansports.com/

ある日、普段は温厚な妻の父親に、

『石塚くん。うちの娘にも幸せになる権利はあるんだぞ』

と言われ、

『確かにその通りでございます』

としか言えなかったといいます。

妻の父親は『このアパートにずっと住んでもいい』『親せきに米屋もいる』と最大限のサポートを約束してくれ、その3ヶ月後に結婚したそうです。

石塚英彦の子供は息子と娘?

石塚英彦さんの子供は2人。

息子と娘です。

長男の幸作さんが1992年

長女のくるみさんが1995年

に誕生しました。

息子の幸作さんは神田外語大学卒業後、バンドのドラマーとして活動しているようです。

娘のくるみさんは2016年、20歳の時にひかりTV・ライフスタイルニュース専門チャンネル『モデルプレスTV by ひかりTV 4K』の新番組『ナナイロ』に出演し芸能界デビューしました。

同番組では楽器が大好きで、特技はドラム。

『いつかは、音楽をやってみたいです!』

と話しました。

芸人カテゴリの最新記事