紺野ぶるまの結婚相手の旦那やしくじり、高校などの学歴や経歴

NO IMAGE

お笑い芸人の紺野ぶるまさんは結婚しましたが、旦那はどんな人で馴れ初めは?

紺野ぶるまさんのしくじりとは?

高校などの学歴や経歴は?

今回は紺野ぶるまさんをリサーチしてみました。

紺野ぶるまの旦那との馴れ初めは?

紺野ぶるまさんが結婚したのは2019年4月25日。

旦那は同い年の会社員の男性。

会社は印刷会社といわれています。

紺野ぶるまさんいわく見た目は、ボクサーの勇利アルバチャコフさんとオードリーの若林正恭さんを足して2で割った感じだといいます。

紺野ぶるまさんと旦那の馴れ初め・出会いはナンパ。

結婚する3年ぐらい前に、紺野ぶるまさんが友人と澁谷の居酒屋で飲んでいた時に旦那に、

一目惚れしたんで結婚してください』

と交際を申し込まれたそうです。

紺野ぶるまさんが芸人であることは知らなかったそうです。

紺野ぶるまさんは旦那は街で気軽に女性に声をかけるようなタイプには見えなかったそうですが、当然警戒し

『本当に結婚したいと思ってくださってるんだったら保険証見せてください』

と言ったら、簡単に見せてくれたので、その潔さに1回会ってみようかなと思ったそうです。

旦那は紺野ぶるまさんが芸人であることは知らず、紺野ぶるまさんはそれをいいことに職業を歯科助手と偽っていたといいます。

交際後、芸人であることはバレたそうですが、その後も旦那は応援してくれているそうです。

紺野ぶるまのしくじり

紺野ぶるまさんは2019年6月にテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に先生として出演。

しくじりのテーマは『高校中退』。

何も考えずに高校を中退して大後悔したとの話でした。

高校時代、紺野ぶるまさんは遅刻が多い、授業をサボるなど、素行が悪く、何度も警告を受け、校長先生にもめを付けられていたそうです。

次に何かあったら退学だと警告を受けていたある日、いつも通り遅刻をし、もう間に合わないと思った紺野ぶるまさんはコンビニのおでんを食べながらゆっくり通学。

校門で待ち構えていた校長に、遅刻や態度について注意された紺野ぶるまさんは、校長をおでんの汁で囲み、

『お前ここから出るなよ』

と啖呵を切ったそうです。

その後、母親が学校に呼び出され退学。

紺野ぶるまさんの母親は泣きながら頭を下げますが、退学は覆らず。

紺野ぶるまさんは最初は高校退学に特になにも思わなかったそうですが、その母親の姿を見て初めて、

『これはマジでヤバイやつだ』

と気付いたといいます。

退学後、同級生の制服で帰る姿を見て、

『自分のあそこにいたはずなのに、なんで、愚かなことで手放していまったんだろう』

とすぐに後悔したそうです。

学生でもなく、社会人でもないとの不安もあり、通信制の高校に入り卒業したそうです。

紺野ぶるまさんは高校の理不尽とも思える校則は、

『大人になると襲ってくる、理不尽な事に耐えるための免疫』

と考えると納得できると話しました。

紺野ぶるま 高校などの学歴や経歴

紺野ぶるまさんは1986年9月30日生まれ。

静岡県出身、東京都育ち。

出生名は門井友里恵(かどいゆりえ)

身長は172cm

両親は共働きで、子供の頃は団地住まい。

実家は裕福ではなかったと紺野ぶるまさんは話しますが、習い事は多く、書道、英会話、バレエ、ピアノ、水泳、バスケットボールなど。

中学時代はバトミントン部に所属し、東京都退会ベスト8に入ったことがあるそうです。

習い事のピアノと書道は中学時代の続けて習っていたといいます。

高校は都内の私立の女子高

紺野ぶるまさんは入学した高校について、制服のかわいさで決めたと話し

『英会話習ってたので英語だけちょっと得意で、勉強しなくても行ける高校に入りました。』

引用 https://www.shochikugeino.co.jp/

高校時代は当時刊行されていたギャル系ファッション雑誌『egg』が大好きで、ギャルだったそうです。

この高校2年生の時に中退。

紺野ぶるまさんは高校時代、素行が悪く、何度も警告を受け、その後退学。

私立の女子高退学後、に通信制の高校に編入し高校は卒業したそうです。

この高校は紺野ぶるまさんいわく、

『みんなで手作りダーツで遊んだり、トランポリンしたり、鏡モチに飾り付けをして単位を取るっていう高校!』

引用 https://www.shochikugeino.co.jp/

だったといいます。

紺野ぶるまが芸人になった理由

高校時代に交際していた男性と、高校卒業した結婚しようと約束し住むところも探していたが、突然に別れを告げられ破局。

別れた交際相手を諦められなかった、紺野ぶるまさんは、モデルやタレントになってテレビに出れば、彼の気持ちが戻るかもしれないと思い芸能界を目指しました。

多くの事務所のオーディションを受け、合格して最初に所属した事務所から50万円を請求され支払い、半年後に怪しいと気付き、別の事務所にスカウトされたのを機に移籍。

しかし、その事務所でも初期費用を請求されて支払い、その後に退所。

紺野ぶるまさんはモデルになる事は諦め、テレビで見たくまだまさしさんのネタを見て憧れ、21歳の時に松竹芸能東京養成所に入所。

2009年10月に松竹芸能東京養成所を卒業し松竹芸能に所属。

22歳の時にルマーを衣装とした女性コンビの『ブルマニアン』を結成しますが半年で解散。・

その後、ピン芸人として活動。

売れない時代は多くのアルバイトをしたそうですが、テレアポのバイトは2週間がなど、ほとんどがすぐクビになり、一番長く続いたのはベーグル屋で5年間。

2017年のR-1ぐらんぷりにて、初の準決勝進出、その後、復活ステージを勝ち抜いて決勝にも進出しました。

同年の第38回ABCお笑いグランプリでも決勝進出しました。

女芸人No.1決定戦 THE Wでは2017年、2018年、2019年と続けて決勝進出しています。

芸人カテゴリの最新記事