野口五郎の妻の三井ゆりとの馴れ初めは?子供は何人?高校などの学歴や経歴

NO IMAGE

岐阜県出身の野口五郎さん。

経歴や高校などの学歴は?

妻の三井ゆりさんとの馴れ初めは?

子供は何人?

今回は歌手の野口五郎さんをリサーチしてみました。

野口五郎の高校などの学歴・経歴

名前   野口五郎
生年月日 1956年2月23日
出身   岐阜県
身長   174cm
所属   オフィス・ジー

 

野口五郎の学歴

小学校・美濃市立美濃小学校

中学校・美濃市立美濃中学校 → 台東区立台東中学校

高校・堀越高校

大学・大学には進学していません

岐阜県美濃市出身。

本名は佐藤靖(さとう やすし)。

父親は公務員。

母親は美容院を経営。

両親はアマチュア楽団「小倉楽団」の歌手で音楽好きで若い頃は両親ともに歌手を目指していました。

父親は太平洋戦争に招集され歌手の夢を断念。

母親はプロにならないかと誘われたそうですが、頑固な職人の父親が許さなかったために断念したそうです。

7歳年上の兄がいる2人兄弟。

兄は作曲家の佐藤寛さん。

小学校は美濃市立美濃小学校を卒業。

中学校は美濃市立美濃中学校に入学。

中学2年生の時に歌手を目指して母親とともに上京し、台東区立台東中学校に転校しました。

高校は堀越高校に進学。

東京都中野区に男女共学の私立高校で、現在の偏差値は42。

高校在学中に歌手デビューし、大学には進学しませんでした。

野口五郎が歌手になったきっかけ

野口五郎さんは音楽好きの両親のもとで育ち、小学1年生の時にはギターを弾いていました。

3歳ぐらいからのど自慢で歌い、自然と歌手を夢見るようになったといいます。

1966年10月、10歳の時にフジテレビ系の『日清ちびっこのどじまん』で優勝。

これがきっかけで歌手を目指すことを決意しました。

好きな曲である美空ひばりさんの『リンゴ追分』の作曲者・米山正夫さんの門下生になりたいと思い、米山正夫さんが係わるオーディションに何度も出場。

小学6年生の時に声をかけられ米山正夫さんに師事し、月に1回、東京に通い歌のレッスンを受けデビューすることが決まり、中学2年生の5月に母親と共に上京。

しかし、ちょうど声変わりの時期になり、デビューは先送りになってしまいました。

『米山先生に上京のご挨拶に行き、声を出したら、なぜか声が出なかった。先生に『少し休みましょう』と言われて、デビューの話もなくなったと思っちゃったんです』

引用 https://jisin.jp/

野口五郎さんは挫折を感じたといいます。

上京後は4畳半の部屋を借り、母親は印刷工場で働きながら、夜は洋裁の内職をし支えてくれました。

父親は毎月1度、仕送りをもって上京してくれたそうです。

デビューが決まったのは上京から2年後の15歳の時でした。

1971年5月、『博多みれん』でデビュー。

曲は演歌で当初は演歌歌手としてデビューしました。

レコード店回りなどをしましたが同曲な全く売れずませんでした。

野口五郎 甘い生活が大ヒット

2曲目にからポップスに転向し、『青いリンゴ』をリリース。

同曲はオリコン週間最高14位になり、約20万売り上げヒットしました。

その後も、オリコン週間チャート20位入りする曲を連発し、1972年12月に第23回NHK紅白歌合戦に出場。

16歳10か月での出場で、当時の最年少出場でした。

1974年11月、14枚目のシングル『甘い生活』が自身初のオリコンチャートを獲得。

約50万枚売り上げました。

翌年の1975年2月に兄の佐藤寛さん作曲の『私鉄沿線』も大ヒット。

紅白歌合戦には1983年までに11回出場しました。

野口五郎 タレントとしても活躍

野口五郎さんは1975年4月から日本テレビ系のバラエティー番組『カックラキン大放送!!』にレギュラー出演。

コントにも出演し、当時のアイドルでは珍しく身体を張ったギャグやダジャレで幅広い世代からの人気を獲得を獲得しました。

同番組には当初は歌番組だと思って引き受け、番組がコントなどがメインであることを知ると辞めたいと申し出ましたが、プロデューサーに、

『降りるのはいいが、その代わり(これからの芸能活動が)どうなるか分かってるな』

と言われ、野口五郎さんはその場で

『喜んでやらせてもらいます』

と答えたといいます。

野口五郎と妻の三井ゆりの馴れ初め

野口五郎さんがタレントのさんと結婚したの2001年。

45歳の時でした。

妻の三井ゆりさんは12歳年下。

三井ゆりさんは1990年からキャンペーンガールなどの芸能活動をはじめ、1994年4月から『スーパーサッカー』のアシスタントキャスターを務めて以降、数多くのバラエティ番組に出演し人気タレントとして活躍。

『お嫁さんにしたいタレントNo.1』に輝いたこともありました。

2人の馴れ初めは番組での共演。

2000年にフジテレビ系で放送された『ものまね王座決定戦』がきっかけでした。

交際期間は半年のスピード婚でした。

交際に発展思想になった時、野口五郎さんjは12歳下の三井ゆりさんに、

『僕とひと回りも違うよ?僕の方が年を重ねちゃうのは早いし』

と確認すると三井ゆりさんは、

『その時は食べるものを私がスプーンで口のところに持っていって…寸前でポッと落とせばいいでしょ?』

と答えたそうで、野口五郎さんは、

『ああ、この人にしようかなって』

と思ったといいます。

結婚式は北マリアナ諸島のロタ島で行われました。

野口五郎の子供は何人?

野口五郎さんの子供は2人。

娘と息子です。

長女の文音(あやね)さんが2002年6月

長男の侑都(ゆうと)さんが2004年5月

に生まれました。

長女が生まれた時、野口五郎さんは46歳でした。

歌手・ミュージシャンカテゴリの最新記事