市村正親と篠原涼子の馴れ初めや離婚理由は?子供は何人?学歴や経歴

NO IMAGE

埼玉県出身の俳優・市村正親さん。

経歴や高校などの学歴は?

市村正親さんの結婚歴は?

篠原涼子さんとの馴れ初めや離婚理由は?

子供は何人?

今回は俳優の市村正親さんをリサーチしてみました。

市村正親の学歴・経歴

名前   市村正親
生年月日 1949年1月28日
出身   埼玉県川越市
身長   170cm
所属   ホリプロ

小学校・川越市立川越第二小学校

中学校・川越市立初雁中学校

高校・川越商業高校

専門学校・舞台芸術学院

父親は川越のローカル月刊紙「武州新報」を立ち上げた新聞記者。

母親は居酒屋を経営。

兄弟はなくひとりっ子。

幼少期から踊ることが好きで、川越の秋の山車祭りが太鼓や笛の音がにぎやかで、その中に入って一緒に踊りたいなとあこがれていたといい、母親の居酒屋のカウンターの上で、山車祭りの白虎をまねて踊り、お客さんに時折おひねりをもらっていたといいます。

小学校は川越市立川越第二小学校、中学は川越市立初雁中学校。

中学時代は先輩に誘われ柔道部に入部。

乱捕りけいこでは投げられるのが気持ちよくて、よく投げられていたそうです。

高校は川越商業高校に進学。

川越商業高校は埼玉県川越市にある男女共学の公立高校。

現在の偏差値は56。

高校時代は体操部に入部。

高校2年生のとき、バック宙で首から落ちて3カ月ほど入院。

怪我が治った後も。体操に以前ほど夢中になれなくなったといます。

そんなとき、3年生を送る会を手伝ってほしいと頼まれ、声と動きに分かれた芝居をし、それがとても面白かったそうです。

演劇部の顧問の先生に声をかけられて、演劇部に入部してみると演技がさらに面白くなり、部活動だけでは足りないと、赤羽にある「新日本児童」という学校に、授業が終わってから通いました。

高校時代に将来の自分の職業は役者だと思い、高校卒業に演劇をやるには誰かの付き人になることが手っ取り早いと思い、ハナ肇さん、青島幸男さんらの住所を調べて、直接、家を訪ねまいたが門前払い。

その後、演劇をきちんと学ぶにはどこがいいのか考え、専門専門学校の舞台芸術学院に入学。

舞台芸術学院は東京都豊島区にある俳優養成を目的とした専門学校。

市村正親さんは第19期生として入学し、同期は52人だったそうです。

市村正親 劇団四季に入団

舞台芸術学院は3年間、一日も休まず通ったそうです。

52人いた同期は卒業するころには18人になっていました。

俳優の西村晃さんが付き人を探しているという話を友達から聞き、舞台芸術学後は3年間付き人を経験。

1973年、劇団四季がミュージカル「ジーザス・クライスト=スーパースター」の出演者を募集しているの知り、オーディションを受験。

受かることを優先し、端役を狙ってオーディションを受けましたが、第5次で敵役のヘロデ王の役に合格しデビュー。

翌年、団員にならないかという誘いを受け劇団四季に正式に入団しました。

1988年にの『オペラ座の怪人』では主役のオペラ座の怪人・ファントム役を演じブレイク。

1980年代には劇団四季を代表する看板俳優となるまでに至りました。

『オペラ座の怪人』の主役を演じた翌年の1989年には『第40回NHK紅白歌合戦』に歌手として出場。

歌は『オペラ座の怪人』でした。

1990年に同劇団は退団しました。

退団後はミュージカル、ストレートプレイなど舞台だけではなく、テレビドラマ、ナレーションなどでも活躍しました。

市村正親の結婚歴は?

市村正親さんの結婚歴は2回。

最初の結婚は1984年。

35歳のころでした。

妻は劇団四季の女優・八重沢真美さん。

八重沢真美さんが13歳年下で、結婚時は22歳でした。

離婚したの2003年5月。

離婚時、市村正親さんは54歳、八重沢真美さんは41歳。

結婚生活は19年でした。

市村正親と篠原涼子の馴れ初めは?

市村正親さんと篠原涼子さんが結婚したのは2005年12月。

篠原涼子さんは24歳年下。

市村正親さんが56歳、篠原涼子さんが32歳のときの結婚でした。

出会いは2001年の蜷川幸雄演出の舞台『ハムレット』。

同舞台で市村正親さんはハムレット役を演じ、篠原涼子さんはオフィーリア役を演じ知り合いました。

篠原涼子さんは本格舞台への初挑戦だったそうです。

『戸惑う篠原を精神的に支えたのが市村だった。』

引用 https://www.excite.co.jp/

篠原涼子さんはこの舞台が転機となり女優として大きく成長しました。

市村正親と篠原涼子の離婚理由は?

市村正親さんと篠原涼子さんが離婚したのは2021年7月。

離婚時、市村正親さんは72歳、篠原涼子さんは47歳でした。

結婚生活は16年。

離婚理由については、

『離婚は、篠原が出産を経て女優活動を再開したのがきっかけになったようす。新型コロナの感染対策として別居が続いたことで「夫婦、親、互いに役者として新たなカタチを考えるようになりました」と市村は説明している。』

引用 https://www.chunichi.co.jp/

と報じられました。

慰謝料、財産分与はなく、子供の親権は市村正親さんが持つそうです。

市村正親の子供は何人?

市村正親さんの子供は2人。

2人とも息子で、篠原涼子さんとの子供です。

前妻のとの間には子供はいなかったようです。

長男が2008年5月

次男が2012年2月

に生まれました。

長男の市村優汰さんは舞台に出演しており、202年8月にミュージカル『オリバー!』で父親の市村正親さんと本格的に共演しました。

市村正親さんは息子をの共演について、

『これは非常に幸せです』

『だって稽古場にいるといるんです。いつも一緒。こんな幸せなことはない』

と話しました。

この親子共演の舞台は母親の篠原涼子さんも次男を連れて観劇に来ていたと報じられました。

俳優カテゴリの最新記事