石坂浩二と妻の離婚理由や再婚相手は?子供は?大学などの学歴や経歴

NO IMAGE

東京都出身の俳優・石坂浩二さん。

経歴や高校、大学などの学歴は?

結婚歴がありますが元妻との離婚理由は?

再婚相手は?

子供はいる?

今回は俳優の石坂浩二さんをリサーチしてみました。

石坂浩二の大学などの学歴・経歴

名前   石坂浩二
生年月日 1941年6月20日
出身   東京都
身長   177cm
所属   プロダクション尾木

小学校・田園調布小学校

中学校・慶應義塾普通部

高校・慶應義塾高校

大学・慶應義塾大学法学部法律学科

本名は武藤兵吉(むとう へいきち)

父親は現在の明治屋の取締役。

銀座生まれで、実家は日本橋。

祖母が芝居好きで、石坂浩二さんは幼稚園に入る前から浅草にしょっちゅう芝居を観に連れられていたそうです。

中学は慶応義塾普通部に進学。

慶應義塾普通部は神奈川県横浜市にある私立の男子校。

現在の偏差値は64。

石坂浩二さんは中学入学後、仲間と演劇部を設立。

慶應義塾高校に入学後は、アマチュア劇団を主宰するなど、3つの劇団に所属し、通行人などエキストラの役としてテレビにも出演。

当時、ラジオの民放放送局があちこちのできていたそうで番組制作が追いつかず、先輩のつてで駆り出され、ラジオ番組の台本を書いたりもしていたそうです。

大学は慶応義塾大学法学部法律学科に進学しました。

石坂浩二 俳優デビューのきっかけ

高校時代から劇団を立ち上げ、エキストラなどの仕事もしていた石坂浩二さん。

本格的に俳優デビューしたのは20歳の時。

きっかけはスカウトでした。

スカウトしたのは後に『渡る世間は鬼ばかり』を生み出したTBSのテレビプロデューサーだった石井ふく子さん。

大学2年生の時に石井ふく子さんに見いだされ、1962年、ドラマ『七人の刑事』で本格的に俳優デビュー。

同ドラマは生放送と同じ1発本番の撮影スタイルで、緊張のあまり、芝居どころではなかったと話しています。

同年、TBS系ドラマ『潮騒』の主演に抜擢。

1965年1月、NHKの大河ドラマ『太閤記』に石田三成役で出演。

この役は『頭がよさそうに見えるから』と写真だけで判断で起用されたといいます。

1969年1月には大河ドラマ『天と地と』で上杉謙信役を演じ、大河ドラマ初主演を果たしています。

石坂浩二の元妻は?

石坂浩二さんが結婚したのは1971年5月。

29歳の時でした。

元妻は女優の浅岡ルリ子さん。

浅岡ルリ子さんは石坂浩二さんの1歳年上で結婚時は31歳でした。

馴れ初めはドラマでの共演。

1971年1月から放送された日本テレビ系ドラマ『2丁目3番地』で夫婦役で初共演しました。

しかし、浅岡ルリ子さんの自伝によれば共演する前に友人の加賀まりこさんから、

『ルリ子さん、石坂ちゃんが大ファンだって。一度デートしたいと言っているからしてあげて』

と言われていたといいます。

結婚時、石坂浩二さんは浅岡ルリ子さんに、

『あなたは女優だ。結婚しても仕事を選んで女優を続けてください』

と言ったそうです。

石坂浩二と元妻の離婚理由は?

石坂浩二さんと浅岡ルリ子さんが離婚したの200年12月。

結婚29年目で、石坂浩二さんが59歳、浅岡ルリ子さんが60歳の時でした。

離婚のずっと前から別居状態だったそうです。

石坂浩二さんは絵を書くのが趣味のひとつで、二科展で何度も入選しているほどでした。

結婚して5~6年たった頃に、自宅とは別の場所にアトリエを持ったことで女性の存在が発覚。

浅岡ルリ子さんは最初は腹が立ったそうですが、そのうち、

『熱が冷めるまで放っておこう』

と思うようにになり、それから別居状態が続いていたそうです。

離婚を言い出したのは石坂浩二さんからで、石坂浩二さんは浅岡ルリ子さんに

『いつも家にいてくれる人と一緒になって、子供もほしい。母も引き取って一緒に暮らしたい』

と告げたそうです。

石坂浩二の再婚相手は?

石坂浩二さんが再婚したのは2001年1月1日。

離婚の5日後のスピード再婚でした。

再婚相手は元女優の女性。

年際は石坂浩二さんがの22歳年下で、結婚時は37歳でした。

再婚相手の女性は石坂浩二さん主催の劇団『急旋回』の元劇団員で、十数年前から知り合いだったそうです。

再婚の4年ほど前から、石坂浩二さんの両親のために食事を作るなど世話をしてくれていたといいます。

石坂浩二の子供は?

石坂浩二さんに子供はいないようです。

石坂浩二さんは浅岡ルリ子さんさんに『子供もほしい。』と告げて離婚しましたが、その後、石坂浩二さんに子供が生まれたという情報はありませんでした。

俳優カテゴリの最新記事