丸山智己の妻は?子供は何人?高校などの学歴や経歴

NO IMAGE

長野県出身の俳優・丸山智己さん。

高校など学歴や経歴は?

結婚しているようですが、妻は?

子供は何人?

今回は俳優の丸山智己さんについてリサーチしてみました。

丸山智己の高校などの学歴・経歴

名前   丸山智己
生年月日 1975年3月27日
出身   長野県東御市
身長   185cm
所属    キューブ

小学校・東御市立滋野小学校

中学校・不明

高校・上田東高校

専門学校・栄養士の専門学校

小学生のころはなりたかったものは時になかった子供だったそうです。

小学生のとき、『将来のゆめ』と書くことになり困ったといいます。

丸山智己さんは『幸せでいたい』と思っていましたが、先生は具体的に書くようにいわれ、思ってもない当たり障りのないことを書いたといます。

小学校のときに柔道をはじめ、中学時代も柔道部に所属。

高校は上田東高校に進学。

上田東高校は長野県上田市にあり男女共学の県立高校。

現在の変札52。

高校ではバレーボール部に所属していました。

高校卒業後は栄養士の資格を取れる専門学校の進学しています。

『実家よりも田舎の専門学校に通って得た専門知識』

引用 https://ameblo.jp/tomomimaruyama/

柔道とバレーボールというスポーツをやったことで、筋肉を効率よく動かすためにはどんな栄養素が必要でどんなものがそれを妨げるかなどに興味をもったことで栄養士の専門学校に進学したといいます。

丸山智己 俳優デビューのきっかけ

丸山智己さんは専門学校卒業後、21歳で上京。

上京後は大田区に住みモデル事務所に所属しモデルのの仕事を始めました。

23歳の頃に友人に誘われと演劇ユニットを作ったことが俳優になろうしとたきっかけだといいます。

ステージでの立体的な動きや、肉体を使った感情表現の仕方など、演じることの面白さにハマっていったそうでが、当時はまだ俳優になりたいとまでは思っていなかったそうです。

本格的に俳優にシフトしようと決めたのは28歳
の頃。

生瀬勝久さんと古田新太さんの出演するした舞台『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』を観て、2人の劇場内の空気をも自在に操る存在感に心を鷲掴みにされたことが、役者転身のきっかけだったそうです。

丸山智己さんはすぐに生瀬勝久さんと古田新太さんの所属事務所を調べて履歴書を送り、事務所に所属しました。

モデルとしてマーク・ジェイコブス、コム・サ・デ・モード・メンのショーや男性向け雑誌『POPEYE』『an・an』などの雑誌でモデルを務めなが、平行いて俳優としても活動。

1997年10月から放送されたテレビ東京系のドラマ『真・女神転生デビルサマナー』でドラマデビュー。

2000年3月公開の映画『オーディション』で映画デビューしました。

2003年に出演したタバコのセブンスターのCMが、大谷健太郎監督の目に止まり、2005年公開の映画『NANA』のスキンヘッド姿の頼りがいのある沈着冷静なドラマー・ヤス役に抜擢され出演し、脚光を浴びました。

当時、丸山智己さんは30歳でした。

2006年公開の続編でもヤス役を演じました。

2007年7月のに日本テレビ系ドラマ『ホタルノヒカリ』ではお調子者の営業マン・豪徳寺賢役でに注目を集めました。

丸山智己の妻は?子供は何人?

丸山智己さんは結婚してますが、結婚の時期や妻との馴れ初めなどは不明でした。

画像はありませんが、インスタやブログでは妻とランチに行ったことなどが書かれています。

丸山智己さんの子供は3人。

息子2人と娘1人です、

2005年5月に長男

2009年7月に長女。

2011年11月に次男

が生まれているようです。

俳優カテゴリの最新記事