松たか子の結婚した夫は?子供は何人?高校、大学などの学歴や生い立ち・経歴

NO IMAGE

東京都出身の松たか子さん。

生い立ち経歴や高校、大学などの学歴は?

女優になったきっかけは?

結婚した夫との馴れ初めは?

子供は何人?

今回は女優の松たか子さんをリサーチしてみました。

松たか子の学歴・生い立ち・経歴

名前   松たか子
生年月日 1977年6月10日
出身   東京都
身長   165cm
所属   スイングバイ

 

松たか子の学歴

小学校・白百合学園小学校

中学校・白百合学園中学校

高校・白百合学園高校→堀越高校

大学・亜細亜大学

父親は歌舞伎役者の2代目松本白鸚さん。

前名の九代目 松本幸四郎の名前でも知られています。

母親は実業家の藤間紀子さん。

6歳年上の姉と5歳年上の兄がいる3人兄弟。

姉は女優の松本紀保さん。

兄は歌舞伎役者の十代目 松本幸四郎さん

小学校は白百合学園小学校、は中学校は白百合学園中学校を卒業。

白百合学園小学校。中学校は東京都千代田区九段北にあるカトリック系の私立の女子校。

松たか子さんは幼稚園から白百合学園でした。

都内でも有数のお嬢様学校として知られています。

小学校の時はバレーボールクラブに所属し、中学の時は軟式テニス部に所属。

高校も白百合学園高校に進学。

白百合学園中学・高校は完全中高一貫制ののため高校は外部から受験できませんが、進学実績などからの推定偏差値は65。

16歳から芸能活動を始め、白百合学園が芸能活動禁止だったため、高校1年の時に堀越高校に転校し卒業しました。

堀越高校の同級生には浜崎あゆみさんがいました。

大学は亜細亜大学に進学しましたが、中退しています。

松たか子が女優になったきっかけ

『女優を目指したきっかけは小学6年生の時、父・二代目松本白鸚が主演を務めるミュージカル「ラ・マンチャの男」を見たことだったという。』

引用 https://www.mbs.jp/

当時、父方の祖母が危篤状態で父親は病院と稽古場の往復で疲労画ピークに達し、あきらかにベストではない状態で舞台に立っていたといいます。

小学6年生だった松たか子さんはこんな姿で父親に舞台に立ってほしくないと思いながら観ていましたが、最後に観客から拍手をもらう姿を見て、

『こういう仕事を父はやっていたのか』

思ったそうです。

松たか子さんは1985年、小学校1年生の頃に1度だけ父親の歌舞伎の舞台『鼠小僧次郎吉』舞台に立っています。

その後、16歳の時に歌舞伎座での『人情噺文 七元結』で本格的に初舞台を踏みました。

中学卒業直後の1993年春に翌年の大河ドラマ『花の乱』の出演を脚本家の市川森一さんから勧められ、1994年4月から放送された大河ドラマ『花の乱』で主人公の少女時代を演じドラマデビューしました。

松たか子のブレイクはいつ?

松たか子さんはドラマデビューした翌年の1995年6月にNHKドラマ『藏』で主演。

1996年4月から放送されたフジテレビ系ドラマ『ロングバケーション』で木村拓哉さん演じる主人公・瀬名秀俊の後輩・奥沢涼子を演じ注目を集め、翌年の1997年10月から放送された『ラブジェネレーション』でヒロインを務めブレイクしました。

同ドラマは平均視聴率30.8%、最高視聴率32.5%を記録し当時の月9枠でのて最高記録となりまっした。

2001年1月から月9枠で放送された『HERO』でも木村拓哉さんと共演し、平均視聴率 34.3%、最高視聴率36.8%を獲得し記録を更新しています。

2009年10月公開の映画『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』では、

第33回日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞

を受賞しています。

松たか子 歌手としても活躍

1996年に史上最年少の19歳でNHKの『第47回NHK紅白歌合戦』の紅組司会に抜擢され、翌年の1997年3月『明日、春が来たら』をリリースし歌手としてデビュー。

同曲は週間チャート最高8位。

同年の第48回NHK紅白歌合戦に初出場。

紅白歌合戦には1999年、2017年にも出場しています。

2017年までに22枚のシングルをリリースし最大のヒット曲は50万枚を売り上げたデビュー曲の『明日、春が来たら』。

2014年にはアニメ映画『アナと雪の女王』の主演・エルサの声優を務め劇中歌の『レット・イット・ゴー』を歌いました。

松たか子と夫の馴れ初めは?

松たか子さんが結婚したのは2007年12月。

30歳の時でした。

夫はギタリストで音楽プロデューサーの佐橋佳幸さん。

年齢は16歳年上。

佐橋佳幸さんは1983年にバンド『UGUISS』のメンバーとしてデビューし、バンド解散後は、セッション・ギタリストとして、レコーディングやコンサートツアーなどに参加。

1991年には小田和正さんの『ラブ・ストーリーは突然に』、1993年には藤井フミヤさんの『TRUE LOVE』にギタリストとして参加し、両曲ともに200万枚を突破しています。

松たか子さんと佐橋佳幸さんの出会いは2001年。

松たか子さんの13枚目のシングル『花のように』の編曲を佐橋佳幸さんが担当したことで出会いました。

佐橋佳幸さんはその年の松たか子さんのコンサートツアーにも参加。

交際が発覚したのは2004年でした。

佐橋佳幸さんは1998年に離婚していて再婚。

『16歳年上でバツイチの佐橋と愛娘の結婚に、幸四郎は大反対だった。』

引用 https://www.jprime.jp/

反対を押し切っての結婚だったといいます。

松たか子の子供は何人?

松たか子さんの子供は1人。

子供は娘です。

2015年3月に誕生しました。

『お母さんエルサなんでしょ?』

2020年にTBS系の『A-Studio』に出演した際に、当時4歳の娘は松たか子さんが『アナと雪の女王』エルサであることを分かっていると話し、

『お母さんエルサの歌ってみて』

と言われて家では全力では歌えないでささやくように歌ったそうです。

女優カテゴリの最新記事