山本圭の妻や子供は?兄弟も俳優?現在の活動は?学歴や経歴

NO IMAGE

山本圭さんは大阪府出身。

経歴や学歴は?

妻は囲碁棋士のようですが馴れ初めは?

兄弟も俳優?

現在の活動は?

今回は俳優の山本圭さんをリサーチしてみました。

山本圭の学歴・経歴

名前   山本圭
生年月日 1940年7月1日
出身   大阪府
身長   167cm
所属   有限会社活動屋

 

山本圭の学歴

大学・成蹊大学

大阪府大阪市出身。

父親は建築家の山本勝巳さん。

父方の叔父は映画監督の山本薩夫さん。

山本薩夫さんは白い巨塔、華麗なる一族、不毛地帯などの監督でした。

中学、高校では演劇部に所属。、

大学は成蹊大学政治経済学部に進学しますが中退。

大学中退後、1960年に俳優座養成所に第12期として入所。

同期には長山藍子さんがいました。

1963年に俳優座に正式に入団。

映画デビューは1962年の映画『乳房を抱く娘たち』。

監督は叔父の山本薩夫さんでした。

山本圭さんは準主役でしたが、撮影初日には稲わらを抱えてセリフを言いながら牛舎の外へ出るシーンで、監督にOKがもらえず、その日の撮影はワンカットも撮れずに終わってしまったそうで、初めて仕事場で泣いたといいます。

『自分の甥を準主役にしている。しかも、新人なわけです。ですから「プロの俳優の世界は甘いもんじゃないぞ」ということを伝えたかったんだと思います。』

引用 https://www.news-postseven.com/

その後も叔父の山本薩夫監督の映画に何本も出演しましたが、何か言われたことは1度もなかったといいます。

1966年のフジテレビ系ドラマ『若者たち』で三男・佐藤三郎役を演じて世間に名を広め。翌年の1967年に毎日映画コンクール助演男優賞。

『若者たち』は三部作で続く『続若者たち 若者がゆく』『若者の旗』でも同役で出演。

舞台でも活躍し、シェイクスピア作品に多く出演しています。

山本圭 俳優になったきっかけ

山本圭さんは中学、高校と演劇部でしたが、俳優は二枚目で背が高い人がやるイメージがあり、山本圭さんの身長はは167cmと高くはありませんでした。

しかし、背が高くなくてもやれる役はあるはずだと思っていたといいます。

叔父が映画監督の山本薩夫監督だったことから、俳優たちが正月に家に来ることも多く、その俳優を見ているうちに、

『俳優というのは二枚目でなくても成り立つ』

と思うようになったといいます。

ただ。山本圭さんは版画をやっていて、銅版画の展覧会で何度も入選した経験があり、版画家になるか俳優になるか悩んだこともあったといいます。

山本圭の兄弟も俳優?

山本圭さんは三男一女の次男。

3歳年上の兄の山本學さんと歳下の弟・山本亘さんのも俳優です。

2人とも俳優座に所属していました。

山本圭の妻との馴れ初めは?

山本圭さんが結婚したのは1977年6月。

37歳の頃でした。

妻は囲碁棋士の小川誠子さん。

年際は11歳年下です。

山本圭さんの趣味は囲碁で、参加した囲碁の対戦会で小川誠子さんと知り合い結婚に至ったそうです。

妻の小川誠子さんは6歳で碁を覚え、14歳の時に全日本女流アマチュア囲碁選手権大会で優勝。

18歳でプロ棋士になりました。

1986年に女流本因坊を獲得。

1995年に六段になり、2008年には500勝を達成。

500勝は女流棋士では2人目の記録です。

2010年に棋士会会長となり、囲碁の普及活動に力を入れていました。

2014年に大腸がんを発症し、2019年11月15日に死去しました。

山本圭の子供は?

山本圭さんの子供は1人のようです。

子供は娘。

生まれたのは1986年頃。

『2017年12月にはテレビ朝日系「徹子の部屋」に夫婦で出演しており、同年、ひとり娘が結婚したことを報告していた。』

引用 https://www.tv-asahi.co.jp/

娘は現在は結婚しているようです。

俳優カテゴリの最新記事