津田寛治は結婚している?嫁や子供は?学歴や経歴

NO IMAGE

福井県出身の俳優・津田寛治さん。

経歴や学歴は?

結婚はしているのでしょうか?

嫁や子供は?

今回は俳優の津田寛治さんについてリサーチしてみました。

津田寛治の学歴・経歴

名前   津田寛治
生年月日 1965年8月27日
出身   福井県福井市
身長   173cm
所属   la sette

小学校・福井市立円山小学校

中学校・福井市立大東中学校

高校・福井高校

大学・大学には進学していません

父親は新聞記者でしたが、中学2年生の時にがんで他界。

津田寛治さんは幼稚園の頃から集団行動が出来ない子供でよく、

『津田くんだけだよ、できていないのは』

と繰り返し怒られていたといい、今でもこの言葉は苦手だといいます。

そんな子供だった津田寛治さんを褒めてくれたのが小学校の美術の先生でした。

美術の授業で『車』をテーマに書くことになったとき、まわりの生徒は消防車やスポーツカーを描く中、津田寛治さんだけは空想の世界を描きました。

津田寛治さんの絵は同級生から『津田の絵は何を書いているか分からない』と言われるなか美術の先生は、

『スゴく個性的で魅力的だよ』

と褒め、生徒の前で津田寛治さんの絵のどこが魅力的か説明してくれたそうです。

みんなの前で褒められたことが無かった津田寛治さんは褒められながら『これは現実なのかな』と思っていたといいます。

このとき、津田寛治さんは、

『人と同じことができないことは個性だ』

ということを教わったといいます。

それから絵も好きになったで、現在も絵を描いているそうです。

当時から映画も好きで、スクリーンを見つめていれば怒られてばかりの辛い現実を忘れられたといいます。

中学時代は勉強が得意ではなく、唯一好きだったのが美術。

高校は福井高校芸術学科に進学。

現在の福井工業大附属福井高校です。

周りには『受からない』と思われていたそうで、合格したときは、初めてといっていいほど自らの承認欲求が満たされたようで嬉しかったと話しています。

しかし、芸術学科は出来たばかりで、必ずしも絵が好きな人ばかりではなく、どこにも入れなかったような不良がほとんどだったそうです。

津田寛治さんはあっという間に感化され、学校をサボるようになり、映画を観るかバイトしてるかっていう状態だったといいます。

結局、高校は2年で中退し、アルバイトで貯めた資金を持って上京しました。

津田寛治 俳優デビュー

津田寛治さんは映画が好きだったので、最初は映画監督をやりたいと思っていました。

しかし、周りから、

『映画監督はみんな大学を出てる秀才ばかりだから、おまえには絶対に無理』

と言われ、今さら勉強をすることもできないので、映画にかかわる仕事の俳優だったら学歴とか無くてもいけるんじゃないかと考え、俳優を目指したそうです。

上京後は、沖縄料理屋に住み込みで働きながら小さい劇団の養成所に通い、養成所を辞めた後は、小劇場系の劇団員として活動していました。

生活は苦しかったけれど、楽しいか辛いかで言うと、圧倒的に楽しかったそうです。

沖縄料理屋を辞めた後は日雇いの工事現場、交通整理、解体業、喫茶店、など多くのアルバイトを経験。

10年以上働いたのは編集スタジオ内にあるカフェで、半分社員の勢いで働いていたそうです。

カフェのオーナー夫婦がいい人で、舞台などで休んでも受け入れてくれたといいます。

カフェでオーナーに許可をもらい、来店した映画監督にプロフィールを渡していました。

手当たり次第に渡していいたのではなく、伊丹十三監督、三池崇史監督、山田洋次監督など渡した相手は10人もいかなかったといい、好きでも監督には渡すのはやめようと思っていたそうです。

そんなある日、アルバイト先であるカフェにたまたま北野武監督が来店。

津田寛治さんは申し訳ないと思いながらも、北野武監督が、トイレでひとりになったとき、話しかけしどろもどろでしたが、北野武監督はプロフィールを手にとってポケットにしまてくれたそうです。

すぐには映画には呼んでもらえませんでした、1年ほどたった後、カフェに来たとき北野武監督が津田寛治さんに、

『まだ俳優やってんの?頑張ってね』

と言った瞬間、カフェの奥さんが北野武監督に、

『監督ひどいじゃないですか!うちの子待ってたんですよ!オーディションぐらい呼んでください!』

と言ってしまったそうです。

津田寛治さんは『終わった…』と思いましたが、北野武監督に

『あんちゃん、出番だよ』

と言われオーダーだと思い伝票を持ってテーブルに言ったところ、のウエイターの役が、その場で決まったそうです。

1993年6月公開の映画『ソナチネ』で映画デビューしました。

津田寛治さんが27歳のときでした。

それから少しづつ仕事が増え、俳優で食べられるようになったは35歳だったそうです。

津田寛治 の嫁は?

津田寛治さんが結婚したの2001年5月。

嫁は一般女性で7歳年下。

津田寛治さんは、2018年2月にテレビ東京の『チマタの噺』に出演した際に嫁について、

『彼女はミュージシャンを目指していて、たまたま同じステージに立つことがあって…』

と話しましたが、すぐに、

『カミさんのことを公で話すと怒られるんです。今のところはカットしてください』

とあわてて話しています。

津田寛治の子供は?

津田寛治さんの子供は2人。

娘と息子です。

長男が2002年

長女が2007年

に生まれています。

2021年10月のインタビューで、長男は大学2年生で寮生活をしていて、長女は中学2年生だと話しています。

長女は津田寛治さんの仕事に興味があるそうで、

『友達と映画を撮るからと、脚本を読ませてくれました。』

引用 https://maidonanews.jp/

脚本は刑事モノのような内容だったそうです。

俳優カテゴリの最新記事