綾小路きみまろの再婚した嫁、息子は東大で医者なのかや自宅、大学などの学歴や経歴

NO IMAGE

中高年に人気の漫談家の綾小路きみまろさん。

綾小路きみまろさんは結婚歴があり、再婚のようですが嫁は?

息子は東大卒で医者との噂があるようです。

自宅は山梨県?

綾小路きみまろさんの大学などの学歴や経歴は?

今回は綾小路きみまろさんをリサーチしてみました。

綾小路きみまろの結婚歴や再婚した嫁

綾小路きみまろさんの結婚歴は2回。

1度目の結婚は20代の頃。

その後、離婚。

綾小路きみまろさんが再婚したは2005年。

綾小路きみまろさんと現在の嫁がであったのは、綾小路きみまろさんが30代の頃。

綾小路きみまろさんが出演したショーのスタッフたっだそうです。

その後、現在の嫁は綾小路きみまろさんの個人事務所の社長を務め、綾小路きみまろさんがブレイク後、社長を辞め2005年に再婚したそうです。

約20年間内縁関係だったそうです。

綾小路きみまろの息子は東大で医者?

綾小路きみまろさんの子供は3人います。

元妻との息子が長男。

現在の妻のと子供が2人。

息子と娘で、次男と長女になります。

息子のひとりが東大卒で医者の噂されています。

綾小路きみまろさんの本名『假屋』と言う苗字が同じで東大卒の医者がいますが、ただ、綾小路きみまろさん本人のインタビューなどで話したという情報はありませんでした。

さらに、綾小路きみまろさんの息子が東大卒の医師であるとの、新聞や週刊誌などのメディアの記事も発見することは出来ませんでした。

そのため、情報の出所は不明です。

綾小路きみまろの自宅は山梨県?

綾小路きみまろさんの自宅は山梨県の河口湖の近く。

冨士山が好きで、ブレイク前の1994年購入し、20年以上前から自宅は河口湖近くだそうです。

住所も山梨県で、ブレイク後の2004年には山梨県の長者番付2位になったこともあるといいます。

ブレイクのずっと前から、綾小路きみまろさんは山梨県付近のサービスエリアで自分の毒舌漫談のカセットテープを無償で配布していたそうですが、場所が山梨県付近だったのは自宅が近かったのが理由のようです。

自宅は広く豪邸、リビングは30帖。

骨董品が趣味で、そのコレクションは数千点もあるんだそう。

庭には畑があり、カボチャ、トマト、ハーブ、レタス、じゃがいも、大根、などいろんな野菜を栽培しているそうです。

自宅のとなりでは『きみまろ茶や』という和風のカフェも経営しています。

綾小路きみまろの大学などの学歴・経歴

綾小路きみまろさんは1950年12月9日生まれ。

本名は假屋 美尋(かりや よしひろ)

鹿児島県志布志市出身。

実家の農家で、馬、牛、豚、鶏も飼育しており、父親は農耕馬の種付け師。

おかげで、綾小路きみまろさんの小学生の時のあだ名は『種馬』

長男で兄弟は5歳下の弟。

中学、高校時代は柔道部に所属。

この頃からテレビ司会者に憧れていたといいます。

高校は鹿児島県立末吉高校

末吉高校は鹿児島県曽於市にある男女共学の高校で、2016年に閉校。

閉校する頃の偏差値は40ぐらいだったようです。

高校へは1時間かけて自転車通学。

成績はあまり良くなかったといいます。

高校卒業と同時に単身上京。

新聞奨学生として住み込みで新聞配達をしながら勉強し、翌年、大学に合格。

大学は拓殖大学商学部貿易学科

偏差値は52

大学2年のとき、キャバレーでボーイのアルバイト中、キャバレーの司会が病気で休んだため代打を引き受けたところ、大受けし、都内の他のキャバレーから引き抜きを受けるほど人気の司会者になったといいます。

綾小路きみまろさんはキャバレーのステージで客を自分のほうに向かせようと『客イジリ』を始めました。

毒舌の『客イジリ』でケンカになるともよくあったといいます。

綾小路きみまろさんは新宿のキャバレー移り、司会をしながら、20代半ばで四ッ谷のマッサージ師養成学校であんまマッサージ師免許を取得。

キャバレーに約10年務めた後、1979年、29歳の頃に日劇で漫談家としてデビュー。

当時は営業でツービートのビートたけしさんとも一緒になったそうです。

漫談家としてだけでは食べていくことは出来ず、演歌歌手のコンサートの専属司会も務めながら、知ってもらうために、山梨県内や静岡県の御殿場周辺のサービスエリアで休息中の観光バスに自作の毒舌漫談のカセットテープを配布。

無料で3000本も配ったといいます。

綾小路きみまろ 遅咲きのブレイク

綾小路きみまろさんがブレイクしたのは52歳のとき。

同年にリリースした『爆笑スーパーライブ第1弾! 中高年に愛をこめて…』が100万枚を超えるミリオンセラーを記録しブレイクしました。

当初、『爆笑スーパーライブ第1弾』はカセットテープで販売していて、注文は綾小路きみまろさん本人が電話で受けていたそうです。

ずっと無償で配布し続けていたことで、徐々に知られるようになっていたようで、『爆笑スーパーライブ第1弾』は1日5本程度だったのが、200本ぐらいに増え、CDをリリースしたところ大ヒットしブレイクしたといいます。

『爆笑スーパーライブ第1弾』の大ヒット後はフジテレビ系『森田一義アワー 笑っていいとも!』にレギュラー出演するなど、テレビでも活躍し、知名度は全国区になりました。

2015年のインタビューでは、ライブは年間110本くらい、チケットは2~3日で完売。

漫談のCD・DVDは13タイトルリリースし520万枚の売り上げを記録したそうです。

年収については、

『野球選手くらいはもらっている。1億円?もちろん。あとは調べてください(笑い)。』

と話しています。

芸人カテゴリの最新記事