松山千春は結婚して妻がいる?子供は娘?病気の噂?高校などの学歴や生い立ち・経歴

NO IMAGE

松山千春さんは北海道出身の歌手。

生い立ち経歴や高校などの学歴は?

歌手になったきっかけは?

結婚しているようですが妻は?

子供はいる?

癌や透析の病気の噂とは?

今回は歌手の松山千春さんをリサーチしてみました。

 

松山千春の学歴・生い立ち・経歴

名前   松山千春
生年月日 1955年12月16日
出身   北海道
身長   170cm
所属   オフィス・ゲンキ

 

松山千春の学歴

小学校・足寄西小学校

中学校・足寄中学校

高校・足寄高校

大学・進学していません

北海道足寄郡足寄町出身。

父親はひとりでローカル紙『とかち新聞』を発刊。

発行は10日に1回程度で収入にならず生活は楽ではなく、松山千春さんは生まれて2か月で股関節脱臼と診断され入院しましたが入院費は借金だったといいます。

1965年には当時の足寄町長の不正を取り上げ、町長からの圧力で購読者数が大きく減少。

生活はに困窮し、母親は土木作業をしていたそうです。

小学校は足寄西小学校、中学校は足寄中学校を卒業。

小学生の頃にはアルバイトをして生活を手助けしていたといいます。

高校は足寄高校に進学。

足寄高校は北海道足寄郡足寄町にある男女共学の公立高校。

現在の偏差値は42。

高校時代はバスケットボール部に所属。

成績はよく担任には大学進学を勧められましたが家計を考え大学進学は断念しました。

高校卒業後は、北見市で叔父が経営する小料理屋の手伝いとクラブのバーテンなどをしていました。

松山千春が歌手になったきっかけは?

松山千春さんがフォークソングと出合ったのは小学校5年生の頃。

姉の影響で興味を持ったそうです。

小学6年生の時にシンガーソングライターの岡林信康さんが足寄町に弾き語ちコンサートで訪れ、生コンサートを初めて見て熱いものを感じたといいます。

高校1年生の時に文化祭のフォーク・コンサートに飛び入りで参加。

高校2年生の時にアルバイトをして5000円のギターを購入。

独学でギターを練習し高校卒業後にフォーク音楽祭に出場しましたが落選。

1975年に再び国フォーク音楽祭の帯広地区大会に参加し合格。

これがきっかけでSTVラジオの竹田健二ディレクターと出会い、翌年の1976年に同局の『サンデージャンボスペシャル』内のコーナー『千春のひとりうた』に出演しました。

松山千春 歌手デビュー後

松山千春さんは1977年1月に『旅立ち』をリリースしデビュー。

同曲は1975年の『全国フォーク音楽祭』の地区予選で歌われた曲でチャート最高順位は74位でしたが、地元の北海道ではローカル・ヒットとなったそうです。

同年10月には『オールナイトニッポン』水曜2部のパーソナリティに起用され全国区の知名度になり、1978年4月からは月曜1部に昇格しさらに知名度を上げました。

1978年8月にリリースした5枚目のシングル『季節の中で』が大ヒットし85万枚以上の売り上げを記録。

一気に人気歌手の仲間入りを果たしました。

松山千春の妻は?

松山千春さんが結婚したのは1985年12月。

30歳の頃でした。

妻は孝子さんという2歳年上の一般女性。

札幌のデパートに勤務していたようです。

交際期間8年を経ての結婚だったそうです。

松山千春の子供は?

松山千春さんの子供は娘が1人のようです。

名前は月菜さん。

2012年に松山千春さんがコンサートで娘は26歳になると発言してたとの情報があり、1986年頃に誕生したようです。

松山千春に癌や透析などの病気の噂?

松山千春と検索すると『癌』『透析』『病気』などの関連ワードが出てきます。

調べてみると自律神経失調症を患ったことはあるようですが癌でもなく透析もしていないようです。

この病気の噂はあまりテレビに出ない松山千春さんは2018年『NHKのど自慢』にゲスト出演した際に以前に比べ痩せていたことから病気を心配した人がいたようです。

病気説について松山千春さんは2018年の取材に、

『まあ疲れたらちょっとガクッとはなるよ。でも元気ですよ。秋のツアーもまだ発表してないけど決まってる。』

引用 https://www.news-postseven.com/

とコメントしました。

歌手・ミュージシャンカテゴリの最新記事