奈良岡朋子の結婚歴や夫は?子供はいる?高校、大学などの学歴や経歴・生い立ち

NO IMAGE

東京都出身の女優・奈良岡朋子さん。

生い立ち、経歴や高校、大学などの学歴は?

女優になったきっかけは?

結婚歴や夫、子供は?

今回は女優の奈良岡朋子さんについてリサーチしてみました。

奈良岡朋子の学歴・生い立ち・経歴

名前   奈良岡朋子
生年月日 1929年12月1日
出身   東京都
身長   158cm
血液型  AB型
所属   劇団民藝

 

奈良岡朋子の学歴

高校・・東京府立第一高等女学校 青森県立弘前中央高校

大学・・女子美術大学洋画科

東京都文京区出身。

父親は洋画家の奈良岡正夫さん。

高校は東京府立第一高等女学校に入学。

東京府立第一高等女学校は現在の白鴎高校。

東京都台東区元浅草にある都立高校。

現在は男女共学です。

現在の偏差値は63。

高校在学中の15歳で東京大空襲を体験。

その後、父親の出身地の青森県弘前市に疎開。

高校は弘前中央高校に編入して卒業。

弘前中央高校は、青森県弘前市大字蔵主町にある男女共学の県立高校。

現在の偏差値は61。

大学は女子美術大学油絵科を卒業。

女子美術大学は、東京都杉並区和田にある私立の女子大学。

大学では演劇部に所属していました。

奈良岡朋子が女優になったきっかけは?

『個性派俳優の滝沢修、宇野重吉らに会えると思って劇団員募集に応募し合格』

引用 http://www.teinenjidai.com/

洋画家だった父親の影響もあり、大学は女子美術大学油絵科に進学した奈良岡朋子さんでしたが、映画に出演していた滝沢修さん、宇野重吉さんの演技に感動。

滝沢修さんと宇野重吉さんの出演する帝劇での公演のチラシに、劇団民藝の前身である民衆芸術劇場付属俳優養成所の募集をを見つけて応募。

合格し、大学2年生の時に1期生として入所。

同期には大滝秀治さんがいました。

奈良岡朋子 女優デビュー後

1948年、舞台『女子寮記』の寮生役で女優デビュー。

1950年、劇団民藝の旗揚げに参加。

1954年の『煉瓦女工』で初めて主役を演じるなど、劇団の中堅女優として活躍。

宇野重吉さん、滝沢修さんの死後は大滝秀治さんと共に劇団民藝の代表を務めました。

朝ドラや大河ドラマのナレーションも多く務め、朝ドラは

1983年『おしん』

1992年『おんなは度胸』

1994年『春と、来い』

大河ドラマは

1986年『いのち』

1989年『春日局』

2008年『篤姫』

などを担当しました。

1997年から映画『釣りバカ日誌』シリーズのスーさんの妻・鈴木久江 役を2009年のファイナルまで演じました。

2019年にはドラマ『やすらぎの刻~道』に出演。

奈良岡朋子の結婚歴や夫、子供は?

奈良岡朋子さんに結婚歴はなく、夫、子供はいません。

2021年の記事では石井ふく子さん、若尾文子さんと同じマンションに住んでいるとされています。

女優カテゴリの最新記事