野口聡一の結婚や妻は?子供はいる?高校、大学などの学歴や経歴・生い立ち

NO IMAGE

神奈川県出身のの宇宙飛行士・野口聡一さん。

生い立ち、経歴や高校、大学などの学歴は?

宇宙飛行士になったきっかっけは?

結婚や妻は?

子供はいる?

今回はの宇宙飛行士の野口聡一さんについてリサーチしてみました。

野口聡一の学歴・生い立ち・経歴

名前   野口聡一
生年月日 1965年4月15日
出身   神奈川県
身長   180cm
血液型  B型

 

野口聡一の学歴

小学校・茅ヶ崎市立浜須賀小学校

中学校・茅ヶ崎市立浜須賀中学校

高校・・茅ヶ崎北陵高校

大学・・東京大学

神奈川県横浜市で生まれ、父親の仕事の関係で、3歳から兵庫県揖保郡太子町に移り住み、小学5年の時までを同町で過ごし、以降は神奈川県茅ヶ崎市で育ちました。

父親の職業は東芝のエンジニア。

小学校は太子町立斑鳩小学校に入学し、茅ヶ崎市立浜須賀小学校に転校して卒業。

小学生の時はボーイスカウトに所属。

中学校は茅ヶ崎市立浜須賀中学校を卒業。

中学時代は野球部と陸上部に所属。

高校は茅ヶ崎北陵高校に進学。

茅ヶ崎北陵高校は、神奈川県茅ヶ崎市下寺尾にある男女共学の県立高校。

現在の偏差値は64。

高校時代は陸上部に所属し、走り高跳びをやっていました。

大学は東京大学工学部航空学科を卒業。

大学卒業後は、石川島播磨重工業(現在のIHI)就職。

航空技術者として超音速旅客機のエンジン開発を担当していました。

野口聡一が宇宙飛行士になったきっかけは?

『幼少のころ、ちょうど宇宙もののアニメ(「サンダーバード」、「宇宙戦艦ヤマト」など)が出始めたころだったので、宇宙に行って仕事がしたいなという漠然とした思いがありました。』

引用 https://www.kakugo.tv/

野口聡一さんは子供の頃に、アニメを見て宇宙に興味を持ち、高校生の時にアメリカのスペースシャトルが打ち上げられ、それをテレビで見て、

『こういう仕事も楽しいかも』

と思ったのが宇宙飛行士を目指すきっかけだったといいます。

野口聡一 宇宙飛行士試験に合格

石川島播磨重工業(現在のIHI)で働いていた時、旧:宇宙開発事業団:NASDA(現在の宇宙航空研究開発機構:JAXA)の募集に応募。

572人の受験者の中から1996年5月に宇宙飛行士候補者に合格。

31歳の時でした。

同年8月からNASAジョンソン宇宙センターで訓練を開始しました。

野口聡一 3度の宇宙飛行

2002年7月にSTS-113スペースシャトル、エンデバー号で飛行予定でしたが、打ち上げ直前に事故が起こり延期。

2年半後の2005年7月にスペースシャトル、ディスカバリー号に搭乗。

40歳の時でした。

15日の飛行中、3度の船外活動を行い、スペースシャトルでは初の機体補修に携わりました。

2回目は2009年12月、日本人初のソユーズ宇宙船にフライトエンジニアとして搭乗し、約5ヶ月半ISSに滞在。

日本実験棟『きぼう』でロボットアームの子アーム取り付けや実験運用などを実施しました。

宇宙で1歳年をとり、帰還時は45歳でした。

3回目は2020年11月。

新型宇宙船『クルードラゴン』に搭乗。

宇宙滞在時間は約5ヶ月半で、2021年5月に帰還しました。

今回も宇宙で1歳年をとり、帰還時は56歳でした。

3回の通産宇宙滞在時間は344日9時間34分。

2022年6月1日、57歳でJAXAを退職しました。

野口聡一の結婚や妻は?

野口聡一さんは結婚しています。

妻は高校の同級生の美和さん。

交際は高校時代からで、結婚したのは野口聡一さんが1996年に宇宙飛行士に応募するより前のようです。

野口聡一に子供はいる?

野口聡一の子供は3人。

子供は3人とも娘です。

1996年に宇宙飛行試験を受けた時には、長女は誕生していたようです。

その他カテゴリの最新記事