五月みどりの結婚歴や旦那は?子供は息子?現在は熱海?高校などの学歴や生い立ち・経歴

NO IMAGE

東京都出身の五月みどりさん。

生い立ち、経歴や高校などの学歴は?

結婚歴、離婚歴があるようですが旦那は?

子供は息子?

現在は熱海暮らし?

今回は歌手の五月みどりさんをリサーチしてみました。

五月みどりの学歴・生い立ち・経歴

名前   五月みどり
生年月日 1939年10月21日
出身   東京都
身長   156cm

 

五月みどりの学歴

小学校・小松川第一小学校

中学校・小松川第二中学校

高校・深川高校

大学・大学には進学していません

東京都江戸川区出身。

出生名は大野フサ子。

弟が4人と妹が3人いる8人兄弟の長女。

妹には歌手の小松みどりさん、弟には元プロボウラーの西城正明さんがいます。

実家は精肉店を経営。

父親は芸事が好きで終戦後間もなく廃材を集め仲間と近所に芝居小屋を作り、昼は肉屋を営み夜は役者をしていました。

五月みどりさんはも6歳から日本舞踊を習い始め8歳の時に舞台に立ち、父親は芸事には厳しく『学業よりもまず芸で』セリフを覚えられるまで学校に行かせてもらえなかったこともあったんだとか。

小学校は江戸川区立小松川第一小学校、中学校は江戸川区立小松川第二中学校を卒業。

高校は深川高校に進学。

深川高校は東京都江東区にある男女共学に都立高校で現在の偏差値は58。

高校卒業後は芸能界の道に進みました。

五月みどりが歌手デビューしたきっかけ・経緯

五月みどりさんは芸事が好きな父親の影響で、物心付いた頃には芸が身近で15歳から舞台で歌っていました。

歌手を目指しラジオののど自慢大会やレコード会社のオーディションなどを受けましたが2位止まりで歌手デビューにはつながらなかったかったといいます。

16歳の時にニッポン放送『ものまねのどじまん』で優勝。

これがきっかけで歌手デビューにつながりました。

審査員だった作曲家に『歌手にならないか』と誘われ作曲家の下でレッスンを受けキャバレー歌いで歌い始めと話題になり、その頃、当時の本名の大野フサ子が地味であると五月みどりの芸名を名乗りました。

初舞台が5月で緑の芽がすくすく伸びるようにと考えたといいます。

1958年11月、20歳の時に『お座敷ロック』で歌手デビューしますが同曲は売れず。

その後もシングルを発売しますがヒットには恵まれませんでした。

3年後の1961年5月にリリースした『おひまなら来てね』が大ヒット。

五月みどりさんは同曲を聴いたとき『ビビッ』ときたといい『歌わせてください』と懇願したといいます。

ヒットした当初はどこで売れているのか実感がなかったそう。

ある日、交差点で自分の歌が流れているのを聞いて嬉しかったといいます。

翌年の1962年の第13回紅白歌合戦に初出場。

以降、紅白歌合戦に通算3回連続出場を果たしました。

五月みどり 女優、タレントとしても活躍

五月みどりさんは歌手デビューする前から女優とし活動していました。

1957年10月からKRテレビ(現在のTBS)の『赤胴鈴之助』にでドラマデビュー。

1959年8月公開の映画『快傑黒頭巾 爆発篇』で映画デビューしています。

1960年代は映画を中心に出演し、1970年半ばから多くのドラマに出演。

タレントとしては1976年に放送を開始したTBS系の『クイズダービー』に初代2枠レギュラーとして出演。

1988年4月から『笑っていいとも!』に金曜レギュラーで出演しています。

五月みどりの結婚歴と離婚歴や旦那は?

五月みどりさんの結婚歴は3回。

すべて離婚しています。

『若い頃から恋愛経験はほとんど無く芸一筋でしたから、逆に結婚にとても憧れていました。だから3回も結婚してしまったんです(笑)』

引用 https://jyukunen.net/

最初の結婚は1965年。

26歳の頃でした。

結婚相手は新栄プロダクション社長だった西川幸男さん。

年齢は14歳年上。

五月みどりさんのマネジメントも行っていた人です。

『西川氏の“力による支配”に悩まされ、離婚を決意する。』

引用 https://www.news-postseven.com/

離婚したのは1971年で結婚生活は6年でした。

2番回目の結婚は1976年。

37歳の頃。

相手は日本テレビディレクターだった面高昌義さん。

年齢は1歳年下。

五月みどりさんがレギュラー出演していた金曜10時!うわさのチャンネル!!』のディレクターでした。

結婚後は面高昌義さんが不動産事業などを起こしたアメリカ・ロサンゼルスでの生活。

しかし、会社の経営は傾いていったといいます。

『ある時、私名義の定期預金が無断で解約されていたんです。彼は誠心誠意謝ってくれましたが、やっぱり失った信頼を回復させることはできませんでした』

引用 https://www.news-postseven.com/

離婚したのは1984年。

結婚生活は8年でした。

3回目の結婚は1985年。

46歳の頃でした。

相手は歌手の立花淳一さん。

年齢は20歳年下。

『結婚式当日に彼の女性問題が発覚したり、その後も家に女性を連れ込んだり…。これは、どうにもならないなって(苦笑)』

引用 https://www.news-postseven.com/

2年後の1987年に離婚しました。

五月みどり 現在は事実婚

五月みどりさんは現在は結婚していませんが事実婚状態のようです。

相手はマネージャーの逸見文泰さん。

『それはマネジャーとしての発言だったんだけど、私は“きみにはぼくがついている”という意味と勘違いして(笑い)。彼は偶然にも3番目の夫と同い年だったので、心のどこかで意識していたのかもしれないですね。』

引用 https://www.news-postseven.com/

3度目の離婚会見が逸見文泰さんの初仕事で、会見が終わった時に五月みどりさんが『あぁ、私にはもう誰もいないのね』つぶやくと逸見文泰さんは『ぼくがいます』と言ったことがきっかけだといいます。

五月みどりの子供は息子?

五月みどりさんの子供は娘と息子の2人。

最初の旦那の西川幸男さんとの子供です。

1967年2月に長女の千愛(ちえ)さん、1968年5月に長男の 哲(てつ)さんが誕生しました。

離婚時は長女は4歳、長男は3歳でした。

『裁判を続けて、夫婦で悪口を言い合う姿を子供たちに見せたくなかったし、きょうだいを引き離すこともしたくなかったんです』

引用 https://www.news-postseven.com/

親権を巡って対立しましたが苦渋の選択で父親の西川幸男さんに譲ったそうです。

長女の千愛さんは水沢絵里という芸名で歌手、女優活動をしていたようでがあまり売れなかったようです。

長男の哲さんはプロゴルファーの西川哲さんで、元妻は菊地桃子さんです。

五月みどりは現在は熱海住まい?

五月みどりさんは熱海市の隣の湯河原町に20年以上前に移住しています。

熱海では『ヴィーナス』という趣味のギフトショップ『熱海店』と『熱海中央店』の2店舗を経営。

店では洋服、小物、雑貨などを販売しているようです。

自宅は敷地面積400坪で海が一望できる豪邸だといいます。

歌手・ミュージシャンカテゴリの最新記事