かとうかず子の現在や元旦那の東国原英夫との馴れ初めは?子供は?学歴や経歴

NO IMAGE

かとうかず子さんは愛知県出身の女優。

かとうかず子さんの元旦那は東国原英夫さんですが馴れ初めは?

離婚の理由・原因は?

かとうかず子さんの子供は?

現在や学歴・経歴は?

今回は女優のかとうかず子さんをリサーチしてみました。

かとうかず子の学歴や経歴

名前   かとうかず子
生年月日 1958年2月20日
出身   愛知県名古屋市千種区
身長   168cm
所属   enchante

かとうかず子さんは愛知県名古屋市生まれ。

中学は名古屋市立神丘中学校

高校は長久手高校

大学は愛知淑徳大学

中学では2年生からバレーボール部に所属。

長久手高校は愛知県長久手市にある男女共学の県立高校で現在の偏差値は55。

愛知淑徳大学は愛知県長久手市にある大学で偏差値は50

かとうかず子さんは文学部国文学科に入りました。

1978年、大学2年の時、つかこうへい構成・演出の舞台「サロメ」のオーディションに応募し合格。

かとうかず子さんはオーディション当時、芝居を見たこともなく、もちろん演技の経験もなく、何も知らない女子大生で、他の人は何かしらお芝居の経験がある人たちで、自分だけすごく場違いな感じがしていたといいます。

かとうかず子さんがオーディションを受けた理由は、女性誌に「つかこうへい演出、阿木燿子脚本の舞台オーディション」の記事を見つけ、つかこうへいさんのことを知らなかったものの、作詞家の阿木燿子さんのファンで、純粋に阿木燿子さんに会いたいと思って応募したそうです。

素人のかとうかず子さんが合格したのは、

『「かとうさんは主役のサロメの雰囲気じゃないけど、何か持っている」とというのが一致した意見だった』

と後に阿木燿子さんが明かしています。

大学を1年休学して芝居の勉強をした後、一旦大学に復学。

『サロメ』での役はその他大勢でしたが、翌年の1979年の舞台『広島に原爆を落とす』で本格デビュー。

同年、JTのCMに出演したことで注目を集め、翌年の1980年3月、TBSの昼の帯ドラマ「マリーの桜」のヒロインに抜擢。

1981年5月公開の映画『なんとなく、クリスタル』で映画初出演で初主演。

大学は5年間通った後に中退。

その後はドラマを中心に活躍しました。

かとうかず子の元旦那の東国原英夫との馴れ初めは?

かとうかず子さんが東国原英夫さんと結婚したのは1990年3月。

当時、東国原英夫さんはたけし軍団の芸人で芸名は『そのまんま東』

東国原英夫さんは1957年9月16日生まれで、かとうかず子さんの1歳年上。

結婚した時、

かとうかず子さんは32歳。

東国原英夫さんは33歳。

かとうかず子さんと東国原英夫さんの出会い・馴れ初めは、1989年1月に放送されたTBS系ドラマ『ビートたけし殺人事件』での共演。

『ビートたけし殺人事件』は東国原英夫さん原作。

かとうかず子さんと東国原英夫さんは共演した翌年に結婚。

交際期間は1年ぐらいのようです。

かとうかず子さんは初婚でしたが、東国原英夫さんは再婚でした。

かとうかず子と東国原英夫との離婚理由は?

かとうかず子さんと東国原英夫さんが離婚したのは2006年2月。

結婚生活は16年でした。

かとうかず子さんが東国原英夫さんと離婚した原因・理由は、東国原英夫さんが政治家を目指したことでした。

かとうかず子さんは離婚後の会見で、

『政界進出という東の夢についていけなかった』

『私は九州に行くことは選べませんでした』

と説明しました。

かとうかず子さんは結婚後、東国原英夫さんの報道されただけでも3度の浮気と淫行騒動がありましたが、怒って実家に帰ったことはあっても離婚することはありませんでしたが、政治家になることだけは許せなかったようです。

かとうかず子の子供は何人?

かとうかず子さんの子供は息子と娘の2人。

1990年に長男・守さん

1993年に長女・有里さん

が生まれています。

2人とも芸能界に入ってはいませんが、娘の有里さんは2009年に母親のかとうかず子さんとテレビ東京で放送されていた旅番組『いい旅・夢気分』のスペシャルで共演していました。

かとうかず子の現在は?

かとうかず子さんは現在もドラマを中心に女優として活動していますが、近年は旅番組にも出演しています。

一時期、女優活動が減ったのは所属していた劇団を辞めたことも理由のひとつのようです。

かとうかず子さんは1980年から32年間所属していた、劇団青年座をが2012年に退団。

青年座を退団した時、次の所属事務所は決まっていなかったそうです。

かとうかず子さんは新しい事務所が決まった時ブログで、

『皆さんに先を決めずに辞めるなんて!?信じられない~と言われましたが。世の中ナントカなるものですね』

とつづっています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

女優カテゴリの最新記事