黒田福美の結婚歴は?韓国や高田純次との関係は?現在や学歴・経歴

NO IMAGE

女優の黒田福美さんは結婚しているのでしょうか?

黒田福美さんを検索すると高田純次さんや韓国と関連ワードが出てきますが関係は?

現在や経歴や学歴は?

今回は女優の黒田福美さんをリサーチしてみました。

黒田福美の経歴・学歴

名前   黒田福美
生年月日 1956年7月21日
出身   東京都板橋区
身長   160cm
所属   キャストパワー

黒田福美さんは東京都板橋区育ち。

兄弟はなく一人っ子。

中学は練馬区立上石神井中学校

高校は東京都立豊多摩高校

大学は桐朋学園芸術短期大学

黒田福美さんが小学校の6年生の時に演劇部に入り、中学でも演劇部に所属し、高校でも演劇を続けました。

黒田福美さんは演劇にを続けたことについて、

『皆で一緒に一つのものを作り上げる作業がたまらなく楽しかった。』

引用 https://www.sankei.com/

と話しています。

当時は、芸能界に入って女優になることは全く考えていなかったといいます。

桐朋学園芸術短期大学でも演劇学科に入り演劇を学びました。

それでも、女優になれるとは思っていなかったそうです。

社会人になるまで何か好きなことをして過ごそうぐらいの気持ちだったんだとか。

大学を卒業後は就職し会社員になっています。

しかし会社員時代に大学の友人が芝居をしているのを見て羨ましい気持ちもあり、ドラマのオーディションに応募。

5000人の応募者の中から最終選考の13人に残りました。

当時、黒田福美さんは21歳でした。

1978年、TBS系ドラマ『夫婦ようそろ』で女優デビュー。

その後も、仕事は入ったそうですが話題になるような役はなかったそうです。

1985年、大河ドラマ「春の波涛」に出演した時、黒田福美さんは端役でしたが、一度、出演する俳優が一堂に会したことが会ったとき、メインキャストの伊藤博文役の伊丹十三さんのたたずまいを見て何ともいえない感動にとらわれそうです。

黒田福美さんはその感動をどうしても伝えたくなり控室にいた伊丹十三手紙を書いて届け、その場を後にした時、伊丹十三さんから、

『今度ねえ、映画撮るんだけど出てくれる』

と言われたといいます。

そして、同年公開された伊丹十三監督映画『タンポポ』に出演。

妖艶な情婦を演じ、世に知られるきっかけになり、黒田福美さんはこの映画に出演したことで『食える女優』になったと話しています。

1985年2月~1986年2月まで放送された特撮ドラマ『電撃戦隊チェンジマン』では初めて特撮ドラマの出演。

敵の女性キャラ『女王アハメス』を演じ退場編の第53話『炎のアハメス!』は本作品における最高視聴率16.1%を記録しました。

黒田福美の結婚歴は?

黒田福美さんに結婚歴はないようです。

調べてみても熱愛の噂もありませんでした。

黒田福美さんが結婚について語ったことは少ないですが、2012年10月の自身のブログに、

『いやはや、人生の一大事がいくつか重なっててんてこ舞いしています。
一大事といってもすべて良いことばかりですのでどうぞご心配なく。
とはいってもその中に「結婚」はありませんので・・・^^;トホホ・・・。』

と綴っていました。

黒田福美と高田純次の関係は?

黒田福美と検索すると『高田純次』の関連ワードが出てきます。

これは熱愛とかではなく、2014年12月放送の『爆報!THE フライデー』でテリー伊藤さんが

『高田純次が黒田福美のことが大好きだ』

と暴露したことが理由のようです。

黒田福美と韓国の関係は?

黒田福美さんが韓国に興味を持ったのは、1983年頃に韓国のバレーボール選手の姜萬守(カン・マンス)さんのファンになったのがきっかけと話しています。

カン・マンス選手は当時アイドル的な人気の選手で、早稲田大学も卒業してる方で、日本人の松田明彦さんとのペアで、ビーチバレージャパン(1988年・1989年)を連覇したこともある選手です。

黒田福美さんの選手から興味はすぐに韓国という国そのものに移り、独学で韓国語を勉強し日韓を何度も行き来し務所の反対を押し切って韓国留学までしたそうです。

それから、1988年のソウル五輪でリポーターを務めたり、2002 FIFAワールドカップなどでも活動を行い、韓国に関する本も多数出版。

2011年5月には韓国政府から『韓国の正しい歴史や文化』の情報を日本人に教え伝え続けている」として、修交勲章興仁章(2等級)を授与されています。

『親韓派』と思われている黒田福美さんですが最近では『知韓派』とされ、2019年の韓国向けの半導体など材料3品目の輸出規制から始まった日韓関係では、

『フッ化水素などの武器転用素材の行方が不明であるために管理を強化したのに、韓国内では知らされていない。やっぱり、韓国国内のニュースなんかを見ていても自分たちに都合のいいように解釈して国民にPRしてしまうようなことがあるんですね』

引用 https://gendai.ismedia.jp/

とコメントしています。

黒田福美のや現在は?

黒田福美さんは現在も女優業をしていますが、近年では出演本数は減り年に1本~2本ほどのようです。

現在は韓国に関する本の出版や翻訳、エッセイなどの文筆業や韓国関係のイベントなどに出演することが多いようです

女優カテゴリの最新記事