村尾信尚の現在は?ZEROの降板理由は?経歴は?結婚や子供は?

NO IMAGE

2018年まで日本テレビのNEWS ZEROのメインキャスターを務めていた村尾信尚さん。

テレビでは見ていましたが、どういった肩書きで経歴を持っているのか意外とはよく分かりません。

ZEROの降板理由も気になりますね。

どういった理由なんでしょうか?

今回は村尾信尚さんの現在や結婚や子供についてもリサーチしてみました。

村尾信尚の経歴や学歴は?

村尾信尚さんは岐阜県高山市出身。

出身高校は岐阜県立斐太高等学校。

岐阜県立斐太高等学校は偏差値60の進学校。

ちなみに、お笑い芸人の流れ星の2人もこの高校の卒業生です。

大学は一橋大学経済学部。

大学ではスキー部に所属していたそうです。

1977年10月、大学在学中に国家公務員上級試験に合格します。

国家公務員上級試験は現在では国家総合職試験と試験名が変わっているようです。

1978年4月に大蔵省に入省。

入省後は、関税局企画課、大臣官房調査企画課、大臣官房付、外務省在ニューヨーク日本国総領事館副領事を経て、2002年12月に退官します。

最後の役職は 環境省総合環境政策局総務課長だったようです。

退官時の年齢は47歳でした。

退官した理由は三重県知事選挙出馬のため。

村尾信尚さんは2003年三重県知事選挙に出馬しましたが現在のような知名度はなかったこともあり4人中3番目で落選。

当選した方は473,246で票、村尾信孝さんは171,200票でした。

三重県知事選挙に出馬した理由は村尾信尚さんは1995年から3年間、三重県に総務部長として出向していた経験があり、当時の知事の北川正恭知事の下で辣腕をふるっていたようで、北川正恭知事がが3期目の知事選への不出馬を表明したことで、村尾信尚さんに出馬の打診があったそうです。

東京都から派遣されて、仕事が評価され出馬するよう要請されて夕張市長になり、その後北海道知事になった鈴木直道さんと出馬の経緯がにていますね。

選挙に落選後、2003年から関西学院大学東京事務所教授に就任。

2006年10月からNEWS ZEROメインキャスターを務めました。

村尾信尚がZEROの降板した理由は?

村尾信尚さんは2006年10月から2018年9月までの12年間、NEWS ZEROのメインキャスターを務めました。

村尾信尚さんは降板についてNEWS ZERO降板後の講演会で、

『あれは卒業なのか、肩たたきだったのか……私にも分かりません。いずれにせよ、新しいメンバーには頑張っていただきたいです』

引用 https://www.news-postseven.com/

と話しています。

一部で視聴率が理由ではないかといわれています。

当時のNEWS ZEROの視聴率は平均7~8%台で時には5%台になることもありました。

村尾信尚さんが最後に出演した回は平均視聴率は5.5%だったそうです。

対して裏番組のテレビ朝日の「報道ステーション」は平均で10%台~11%台、時には15%を超えています。

報道(関東地区)視聴率の5位までの中で4つはNHKが多く、民放で唯一「報道ステーション」がその中に入ることが多いです。

そのため、村尾信尚さんの降板理由は視聴率といわれているようです。

NEWS ZEROを降板後の講演会で、

『2007年に陣内智則さんと藤原紀香さんが結婚されましたが、番組トップで報じることに私は納得できませんでした。情報番組ではなく、報道番組なんだからこれはおかしい、と。プロデューサーから「結婚を取り上げて視聴率が10%で始まるのと、報じないで5%で始まるのではパイが全然違う」と説得されましたけど、最後まで揉めに揉めました』

引用 https://www.news-postseven.com/

と話していたようです。

村尾信尚さんがNEWS ZEROを降板した理由もきになりますが、NEWS ZEROのメインキャスターになる4年前の2002年までは国家公務員で、アナウンサーでもジャーナリストでもない村尾信尚さんが夜のニュースのメインキャスターになった理由もきになりますね。

村尾信尚さんがキャスターになったきっかけは、三重県知事選挙落選後にしばらくしてTV出演の機会があったそうです。

その後、コメンテーターとしていくつかの番組に出演。

2006年に日本テレビのプロデューサーの方か
ら、1954年10月から続いていた「きょうの出来事」というニュース番組を刷新して、若者向けの新しいニュース番組をつくりたいという話があったそうです。

村尾信尚さんは社会に対する若い人たちの当事者意識の薄さについては問題と感じていたことから話が進み、一緒にやろうという話しになったそうです。

村尾信尚さんはNEWS ZEROの降板後の講演会で、

『しゃべるのも下手くそなおじさんの自分に務まるのかと聞いたところ、「大丈夫です。隣にはジャニーズの櫻井翔さんと小林麻央さんがいますから」と言われました(笑い)』

引用 https://www.news-postseven.com/

と話していたそうです。

村尾信尚の現在は?

村尾信尚さんは現在は関西学院大学の教授をしています。

村尾信尚さんは降板後のインタビューで、

『番組を卒業してからは、生活が激変。メディアに出たり、大学の仕事をしたりすることはありますが、それ以外は自宅で執筆を行う職住同一の生活を送っています』

引用 https://special.nikkeibp.co.jp/

と答えています。

村尾信尚さんは2003年にも関西学院大学東京事務所教授をしていて、当時は任期1年でしたが、2011年10月から再び就任していて、村尾信尚さんは「土日も関西学院大学の教授として仕事をしていました。」と話しています。

関西学院大学のWEBサイトには研究分野・行財政改革、地方自治、市民活動と書いてありました。

2019年4月からは愛知県の中部日本放送の夕方のニュース・情報番組「チャント!」の火曜日のコメンテーターとして出演もしたり、ラジオの選挙特番のメインキャスターなどもしています。

他にも、NEWS ZEROのキャスターをしていた時には断っていた「講演会」などもしているようです。

ちなみに、講演会の料金は知名度、経歴によっては100万円以上もするそうです。

村尾信尚の結婚や子供は?

村尾信尚さんは結婚はしているようです。

情報源はWIKIですが、「配偶者 あり」とはなっていますが、(要出典)とも書かれており、村尾信尚さん自身がどこで話したかは不明のようです。

子供についても不明でした。

村尾信尚さんは自分の家についてインタビューで答えた時も

『今の自宅は「ZERO」のキャスターを始めたのとほぼ同時期に完成したんです。』

と話し、自分のプライベート空間について「寝室、書斎、職場を一つの部屋で兼ねている」こ「れからは同年代の方と同じように自宅が中心の生活になっていきます。」とも話しましたが、妻や子供などの話しは一切しませんでした。

村尾信尚さんはあえて家族について話さない人のようです。

アナウンサー・キャスターカテゴリの最新記事