神保悟志の結婚や妻は?子供は娘で何人?高校、大学などの学歴や生い立ち・経歴

NO IMAGE

静岡県出身の神保悟志さん。

生い立ち、経歴や高校、大学などの学歴は?

俳優になったきっかけは?

結婚や妻は?

子供は娘で何人?

今回は俳優の神保悟志さんについてリサーチしてみました。

神保悟志の学歴・生い立ち・経歴

名前   神保悟志
生年月日 1962年12月3日
出身   静岡県
身長   177cm
所属   GTZ

 

神保悟志の学歴

中学校・清水町立清水中学校

高校・三島高校(現・知徳高校)

大学・大学には進学していません

専門学校・横浜歯科技術専門学校

静岡県駿東郡清水町出身。

近所にイノシシが出るような自然の多い田舎育ちだといいます。

中学校は清水町立清水中学校を卒業。

中学時代は野球部に所属。

高校は三島高校を卒業。

三島高校は2014年に知徳高校に校名変更されています。

静岡県駿東郡長泉町竹原にある男女共学の私立高校。

現在の偏差値は42~50。

高校卒業後は大学には進学せず、横浜歯科技術専門学校に進学し卒業しました。

神保悟志が俳優になったきっかけは?

『神保が今の道を歩むことになったきっかけは、高校時代の担任教師との出会いだった。』

引用 https://smart-flash.jp/

担任の現代文の先生がプロの画家でもあって、その担任と接しているうちの『僕も表現者になりたい』と思うようにり、そんな時に黒澤明監督の映画『七人の侍』を観て、俳優になることを決めたといいます。

両親に『役者になる』とは言えず、専門学校に通うという名目で上京。

名目上とはいえ専門学校には通い、歯科技工士免許を取得しています。

神保悟志 俳優デビュー後

上京後、いくつかの劇団を転々とし、役者だけでは食べられず20代の頃には男性化粧品のCMモデルとしても活動。

1990年の大河ドラマ『翔ぶが如く』に神林吾郎役で出演。

当時27歳でした。

この頃は年齢2歳サバ読んでいたことを明かしています。

年齢詐称のきっかけはオーディション。

デビュー当時は26歳で、当時、CMオーディションの応募の年齢制限の多くが『18~24歳』で応募するために年齢を2歳偽っていたといいます。

1999年9月からTBS系昼帯ドラマ『温泉へ行こう』に出演。

『温泉へ行こう』はシリーズ化され、2004年までに5シリーズが放送されました。

昼ドラマの週6日拘束でギャラは1本6万だったこと明かしています。

事務所が半分持って行くので事実上3万円だったといいます。

2003年から出演したテレビ朝日系『相棒』の首席監察官・大河内春樹役は当たり役となりました。

1990年以降、数々の作品に出演。

多い時には出演したドラマの未放送ストックが10本あった時期もあったそうです。

神保悟志の結婚や妻は?

神保悟志さんが結婚したのは2001年6月。

38歳の時でした。

妻は元宝塚の鮎ゆうきさん。

年齢は4歳年下。

鮎ゆうきさんは元宝塚歌劇団雪組トップ娘役。

馴れ初めはTBS系の昼帯ドラマ『温泉へ行こう』での共演。

鮎ゆうきさんは第2シリーズから出演しました。

礼儀や規律を重んじ、我慢強い鮎ゆうきさんにベタ惚れだったといいます。

交際5ヶ月のスピード婚でした。

神保悟志の子供は娘で何人?

神保悟志さんの子供は娘が2人。

長女が2002年、

次女は2004年頃

に誕生しています。

俳優カテゴリの最新記事