菊地凛子の結婚歴や夫は?子供はいる?高校、大学などの学歴や経歴・生い立ち

NO IMAGE

神奈川県出身の女優・菊地凛子さん。

生い立ち、経歴や高校、大学などの学歴は?

デビューのきっかけは?

結婚歴や夫は?

子供はいる?

今回は女優の菊地凛子さんについてリサーチしてみました。

菊地凛子の学歴・生い立ち・経歴

名前   菊地凛子
生年月日 1981年1月6日
出身   神奈川県
身長   169cm
血液型  O型

 

菊地凛子の学歴

高校・・伊志田高校

大学・・大学には進学していません

神奈川県秦野市出身。

出生名は菊地百合子(きくち ゆりこ)

父親は小学校6年生の時に他界。

高校伊志田高校を卒業。

伊志田高校は神奈川県伊勢原市石田にある、男女共学の県立高校。

現在の偏差値は55。

ZARDのボーカルの坂井泉水さんも同高校の出身です。

高校時代に芸能界活動を始めました。

高校卒業後は、大学などには進学していません。

菊地凛子がデビューしたきっかけは?

『菊地凛子は、原宿でスカウトされたのをきっかけに、1996年に芸能界入り』

引用 https://www.vogue.co.jp/

菊地凛子さんが芸能界デビューしたきっかけはスカウト。

15歳の時に原宿のラフォーレでスカウトされました。

当初はモデルとして活動。

1999年1月公開の映画『生きたい』で本名の菊地百合子名義で女優デビュー。

当時、18歳でした。

菊地凛子 ハリウッドデビュー

1999年1月から放送されたドラマ『可愛いだけじゃダメかしら?』(テレビ朝日系)でドラマデビュー。

2006年にブラット・ピット主演映画『バベル』に出演。

日本では2007年4月に公開されました。

当時、25歳。

菊地凛子さんはろう者の高校生・綿谷千恵子を演じ、『バベル』自体はは酷評も多かったものの、菊地凛子さんの演技は評価され、第79回アカデミー賞の助演女優賞にノミネート。

アメリカの他のいくつか映画賞にも新人女優賞、助演女優賞にノミネートされました。

『私は日本で女優としてやっていかれるかもわからず、不安や危機感もありました。』

菊地凛子さんは当時、まだ日本でも無名に近い女優でした。

海外映画の出演を目指していたわけでなかったですが、綿谷千恵子役が英語が必要なかったこともあり、

『そんなチャンス、もう2度とないかもしれない。』

と高校生役のオーディションを受けたそうです。

役では手話が必要で、出演決定する前から手話を習ったといいます。

以降、海外の作品に多く出演。

2009年にはスペイン映画『ナイト・トーキョー・デイ』、2010年にはアメリカ・中国合作映画『シャンハイ』に出演。

2013年にはアメリカ映画の『パシフィック・リム』、『47RONIN』に出演しました。

菊地凛子の結婚歴や夫は?

菊地凛子さんが結婚したのは2015年。

33歳の時の結婚でした。

夫は俳優の染谷将太さん。

年齢は11歳年下で、結婚時は22歳。

馴れ初めは知人の紹介だったそうです。

交際は2014年頃からで、同年の11月には一部の週刊誌で交際が報じられていました。

結婚後、染谷将太さんはテレビ番組で結婚した理由について、

『この人となら、家族なれると思った』

と話しています。

菊地凛子に子供はいる?

菊地凛子さんの子供は2人。

2016年10月に第1子

2019年4月に第2子

が誕生しています。

第2子が生まれれた時、菊地凛子さんは38歳でした。

女優カテゴリの最新記事