松崎しげるの結婚歴や嫁、子供の娘や息子について、黒い理由や学歴、経歴

NO IMAGE

肌が黒いことで知られる知られる松崎しげるさん。

松崎しげるさんさんは離婚しているようですが、結婚歴は?

現在の嫁は?

子供は息子と娘?

松崎しげるさんの黒い理由は?

今回は松崎しげるさんをリサーチしました。

スポンサーリンク

松崎しげるの結婚歴は?

松崎しげるさんの結婚歴は3回。

最初の結婚は1969年頃で松崎しげるさんが20歳の時。

相手の女性について2018年に松崎しげるさんは、

「1人目の女房はスーパーモデルでした。」

と話していたことから、最初の嫁はモデルだったようです。

1980年に離婚したようです

2回目の結婚は1981年、松崎しげるさんが30歳の時。

相手はの元モデルの美奈子さん。

1991年に離婚。

離婚後、美奈子さんは1997年に、B’zの稲葉浩志さんと再婚しています。

前の2人の嫁との間には子供はいなかったようです。

松崎しげるの現在の嫁は?子供は?

松崎しげるさんが現在の嫁と再婚したのは1997年。

松崎しげるさんが47歳の時。

嫁は元OLで大手百貨店の令嬢

年齢は23歳年下。

松崎しげるさんに子供は3人います。

1998年に長男の優輝(ゆうき)さん

2000年に長女の愛莉(あいり)さん

2007年に次女の未空(みく)さん

が誕生しました。

2007年に次女が生まれた時、松崎しげるさんは57歳でした。

長男の優輝さんは、和光高校で野球をやっていたようです。

1年夏から外野野手のレギュラーになり、3年に時には4番を務めました。

しかし、3年間夏の予選では3度とも初戦敗退だたそうです。

2016年、優輝さんが3年の時に初戦敗退したときには、

「松崎しげるの愛息、1安打も悲願夏1勝ならず 西東京・和光の4番打者」

引用 https://www.daily.co.jp/

ニュースに取り上げられていました。

松崎しげるの肌の黒い理由は?

「歩くメラニン色素」ともいわれる松崎しげるさん、

松崎しげるさんの肌が黒い理由はイメージを守るためだそう。

野球少年だった松崎しげるさんは元かは肌の色は黒い方だったようですが、松崎しげるさんがデビューした1970代は日焼けにかっこいいイメージが強く、休暇中をハワイなどで過ごし日焼けをすることが多かったことから、肌の黒さがトレードマークになり、その後は意識して日焼けし続けているそうです。

2000年頃にはフィンランドから1台140万円で日焼けマシーンを2台購入。

「フロリダ」「マイアミ」と名づけて自宅と事務所に設置しているそうです。

しかし、松崎しげるさんは日焼けは太陽派だといいます。

サンオイルは使ったことがなく、晴れた日は自宅の屋上で焼いているそうです。

10月から2月にかけて、日差しが弱くなり、外でも焼けない時期に、しかたなく日焼けマシーンの「マイアミ」「フロリダ」を使うんだとか。

それを松崎しげるさんは

「黒さの補充っていうか。まあ、企業努力だよね。」

引用https://wpb.shueisha.co.jp/

と話しています。

松崎しげるの学歴・経歴

松崎しげるさんは1949年11月19日生まれ

東京都江戸川区出身。

小学生の時から野球を始め、江戸川区立松江第三中学時代は野球部のキャプテン。

高校は日本大学第一高等学校に進学。

東京都墨田区にある男女共学の私立高校。

現在の偏差値は61

松崎しげるさんは野球推薦で入学しました。

高校時代も甲子園を目指し野球に打ち込みましたが、肩と肘を故障し野球を断念。

野球を辞めた後には音楽活動を始めました。

大学は日本大学藝術学部文芸学科をに進学。

現在の偏差値は57

1968年、大学時代に「ミルク」というバンド結成。

バンド解散後の1970年、20歳の時、ビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)のオーディションに合格。

同年10月、ファーストシングル「「8760回のアイ・ラブ・ユー」をリリースし歌手デビュー。

1971年10月リリースした3枚目のシングル「君は何をおしえてくれたが」グリコアーモンドチョコレートCMソング採用されますがその後も、しばらくはヒット曲には恵まれませんでした。

松崎しげる 愛のメモリーが大ヒット

1977年8月にリリースされた「愛のメモリー」が大ヒット。

「愛のメモリー」は1976年にビクターレコードのディレクターがスペインのマジョルカで開催される

「マジョルカ音楽祭」

を知り、音楽祭参加のために楽曲を制作することを決意。

歌唱力に定評のあった松崎しげるさんが歌手に選ばれました。

当初の曲タイトルは「愛の微笑み」

松崎しげるさんは音楽祭に出場し、圧倒的な歌唱力とステージ・パフォーマンスで、

「最優秀歌唱賞」

を受賞。

総合でも第2位になるも日本では話題にならなかったといいます。

楽曲も関心をもたれませんでしたが、翌年の1977年、サビの部分に興味を抱いたプロデューサーの意向で江崎グリコのアーモンド・チョコレートのコマーシャルソングとして採用。

CMは三浦友和と山口百恵の共演し話題になり「愛の微笑み」も注目され、同年8月に歌詞を一部改変して「愛のメモリー」としてリリース。

「愛のメモリー」は大ヒットし、松崎しげるさんは同年末の、

「第28回NHK紅白歌合戦」

に初出場。

翌年の1978年には春の第50回選抜高校野球大会の行進曲にも起用されました。

松崎しげる 噂の刑事トミーとマツ

松崎しげるさんは1977年3月、日本テレビ系のドラマ「俺たちの朝」の23話に出演しドラマ初出演。

1979年10月から放送されたTBS系の刑事ドラマ「噂の刑事トミーとマツ」に主演のひとり松山進(マツ)役で出演し連続ドラマ初出演。

「トミーとマツ」は優男で気弱な岡野富夫(トミー)と直情型の松山進(マツ)がは衝突し時には協力しながら事件を解決していく、アクション・コメディのスタイルの刑事ドラマ。

ドラマのクライマックスの格闘・銃撃戦シーンで怖じ気づくトミーにマツが「男女のトミコ!」と怒鳴りつけると、人格が変わり特撮ヒーロー並みの戦闘力で相手を倒すというのが定番だったようです。

「トミーとマツ」は当時人気絶頂だった裏番組の時代劇「銭形平次」の視聴率を4話で超えたほど人気ドラマになりました。

主題歌は松崎しげるさんの曲が採用され、第2シーズまで制作され合計106話放送されました。

スポンサーリンク

歌手カテゴリの最新記事