田畑智子と夫の馴れ初めは?子供は何人?大学などの学歴や経歴

NO IMAGE

京都府出身の女優・田畑智子さん。

大学などの学歴や経歴は?

夫は俳優の岡田義徳さんですが、馴れ初めは?

子供は何人?

今回は女優の田畑智子さんについてリサーチしてみました。

田畑智子の学歴・経歴

名前   田畑智子
生年月日 1980年12月26日
出身   京都府京都市
身長   157cm
所属   カムトゥルー

 

田畑智子の学歴

小学校・聖母学院小学校

中学校・聖母学院中学校

高校・聖母学院高校 → 金光第一高校

大学・龍谷大学文学部

実家は京都・祇園の300年続く老舗料亭『鳥居本』。

父親は八代目で板前。

母親は元祇園ナンバーワンの芸妓。

由緒正しく厳しい家庭で育ち将来は家業を継ぐか舞妓にと考えていたそうです。

家でも正座は当たり前でリビングでも『そんな格好するな!』と怒られたといいます。

習い事は日本舞踊やピアノ。

小学校は聖母学院小学校、中学校は聖母学院中学校、高校は聖母学院高校。

聖母学院は京都府京都市伏見区にある私立学校で、カトリック精神に基づいたい教育をしてい
ます。

小学校は男女共学ですが、中学、高校は女子校です。

聖母学院高校の55~64。

高校は金光第一高校に転入にして卒業をしました。

金光第一高校は現在の金光大阪高校。

大阪府高槻市にある男女共学の私立高校です。

偏差値は45~58。

高校では書道部に所属していました。

大学は龍谷大学文学部哲学科に進学。

大学は女優業に専念するために1年で退学しました。

田畑智子が女優になったきっかけ

田畑智子さんが女優になったきっかけは小学校6年生の11歳の時に、中井貴一さんの娘役に適した子を探していた相米慎二監督が祇園で飲みに行った際に地元の人から『鳥居本の娘さん、確かそれぐらい』と聞き鳥居本に来店。

挨拶に呼ばれたお座敷でオーディションに誘われ参加し、応募者8258人の中から見事に合格。

1993年公開の映画『お引越し』のヒロイン・漆場レンコ役に抜擢されました。

田畑智子さんは同映画で、キネマ旬報新人女優賞、スポニチグランプリ新人賞、報知映画賞新人賞など5つの新人賞を受賞しています。

田畑智子 朝ドラに主演

田畑智子さんは映画『お引越し』でデビューして以降の女優を続け、1996年から2001年まで、久世光彦演出ドラマ『向田邦子シリーズ』に毎年出演。

2000年に、NHK朝の連続テレビ小説『私の青空』で主演・北山なずな役を演じました。

平均視聴率は24.1%、最高視聴率は28.3%で、視聴者の反響が高かったことで、2002年4月1日から5月27日に『連続テレビ小説』初の続編『私の青空2002』が『月曜ドラマシリーズ』として放送されました。

この朝ドラに出演する前に1度、朝ドラのオーディションに落ちていましたが、当時の女性マネジャーの勧めで再び受けたそうです。

応募者は2504人で5次審査まであり、最後は苦手な自己PRだったといいます。

大学の帰り道に携帯で電話があり合格を聞いたそうです。

当時、18歳でした。

朝ドラに合格後、上京し大学は中退しました。

田畑智子と夫の岡田義徳の馴れ初めは?

田畑智子さんが結婚したのは2018年1月。

夫は俳優の岡田義徳さん。

年齢は3歳年上。

馴れ初めは2011年舞台『わらいのまち』での共演。

初対面でしたが、もともと大好きな役者だったことから田畑智子さんから連絡先を聞いたそうで、それから10日くらいで交際がスタートしたそうです。

2015年に交際が発覚。

田畑智子さんがかぼちゃを調理中に誤って親指の付け根を10針縫う大怪我を負い、この時付き添ったのが岡田義徳さんだったことがきっかけで交際が報道されました。

岡田義徳さんが引っ越すタイミングで同居し、婚姻届を提出したのは『覚えやすい日がいい』
との理由で1月1日にしたそうです。

田畑智子さんは以前から大好きな海ほたるでプロポーズされたいと暗に希望を伝えていましたが、プロポーズは特になかったようで、入籍の1ヶ月前の12月に入った時に岡田義徳さんに急に『1月1日に籍入れたら覚えやすいよな』と言われ結婚が決まったそうです。

交際期間6年半での結婚でした。

田畑智子の子供は何人?

田畑智子さんの子供は2人。

子供は2人とも息子です。

2018年10月に長男

2021年2月に次男

が誕生しました。

女優カテゴリの最新記事