市毛良枝は結婚してる?夫や子供は?登山や高校などの学歴・経歴

NO IMAGE

静岡県出身の市毛良枝さん。

経歴や高校などの学歴は?

結婚歴があるようですが、夫はどんな人なんでしょう?

子供はいる?

趣味は登山?

今回は女優の市毛良枝さんをリサーチしてみました。

市毛良枝の高校などの学歴・経歴

名前   市毛良枝
生年月日 1950年9月6日
出身   静岡県伊豆市
身長   156cm
所属   アミューズ

中学校・立教女学院中学校

高校・立教女学院高校

大学・進学していません

父親は医師でクリスチャン。

兄弟は兄が2人。

静岡県修善寺町、現在の伊豆市で生まれ、育ちました。

小学校は地元の公立小学校でしたが、中学は立教女学院中学校に進学、高校も立教女学院高校に進学しました。

立教女学院中学・高校は東京都杉並区にある私立のお嬢様学校で知られる女子校。

中学の偏差値は65の難関中学です。

完全中高一貫教育に学校で、高校からの受験はできません。

市毛良枝さんは中学から親元を離れ、東京都世田谷区の叔母の家に下宿し、中学、高校に通っていました。

中学、高校時代は読書が好きで、宝塚に憧れて部活は演劇部に所属。

市毛良枝 お嫁さんにしたい女優

市毛良枝さんは高校卒業後、女優を目指しました。

宝塚は無理そうなので、文学座を受けたところに合格。

文学座付属演劇研究所に所属しました。

舞台デビューしましたが、足を引っ張ることが多かったといいます。

1971年9月に放送されたTBS系ドラマ『冬の華』でドラマデビュー。

当時、市毛良枝さんは21歳でした。

1977年からフジテレビ系の昼の帯ドラマ『ライオン奥様劇場・嫁姑シリーズ』に主演。

シリーズは全9作で1984年まで放送されました

市毛良枝さんは姑との関係に悩みながらも芯の強い新妻・三津子を演じ、1980年前後には『お嫁さんにしたい女優』と呼ばれるようになりました。

テレビ局には『ウチの息子の嫁になってほしい』と姑からの声が多数寄せられ、男性ファンからはファンレターが1日約100通も届いたそうです。

市毛良枝さんは当時の雑誌のインタビューで、

『“この女なら、おとなしく黙ってついてきてくれそうだ“なんて思われているみたい』

と語っていたといいます。

市毛良枝の結婚した夫は?

お嫁さんにしたい女優と呼ばれた市毛良枝さんですが、結婚したのは1988年9月。

38歳の時でした。

夫は当時弁護士だった小川敏夫さん。

年齢は2歳年上。

出会いはお見合い。

『35歳を過ぎて4~5度目のお見合いでまとまった縁談だった。』

引用 https://www.news-postseven.com/

しかし、数年で離婚。

離婚理由については発表されていませんが、離婚原因について報知新聞が小川の暴力が原因と報じ、その後多くのマスコミが追随して報道したそうです。

元夫の小川敏夫さんは報知新聞社に対し事実無根による名誉棄損とプライバシーの侵害を理由として損害賠償請求と謝罪広告の掲載を求めて東京地裁に提訴。

この訴訟について東京地裁は名誉棄損とプライバシーの侵害を認め、報知新聞社に対し慰謝料の支払いと謝罪広告の掲載を命じました。

その後、東京高裁と最高裁は報知新聞社の控訴と上告を棄却しました。

小川敏夫さんは離婚後、政治家となり後に参議院議員・法務大臣(第89代)を務めました。

市毛良枝の子供は?

市毛良枝さんに子供はいません。

離婚時。市毛良枝さんは40代前半でしたが、その後再婚もしていません。

市毛良枝の趣味は登山

市毛良枝さんの趣味は登山で、1999年には自らの経験を題材にした『山なんて嫌いだった』も出版しています。

市毛良枝さんが登山に目覚めたのは離婚と同時期だといいます。

医師だった父親が献体を言い残して亡くなり、その解剖を担当した医者がたまたま山が好きだったことがきっかけだったそうです。

その医師にハイキング程度だからと言われて最初に行った山が標高2763mの燕岳だったといいます。

市毛良枝さんはそれまで、スポーツ経験はなく大変でしたが、山の尾根から景色を見ると今までの過去の辛さを忘れたそうです。

登山を始めて3年目の1993年7月にはキリマンジャロに挑戦し、登頂に成功。

2007年6月から2008年7月までは、登山ブログ「遊歩の楽しみ ~ 街から山へ、山から街へ」も綴っていました。

女優カテゴリの最新記事