北大路欣也の妻や子供は?老人ホームや高校、大学などの学歴や経歴

NO IMAGE

北大路欣也さんは京都府出身の俳優。

経歴や高校、大学などの学歴は?

結婚しているようですが、妻はどんな方なんでしょうか?

子供はいる?

現在は老人ホーム暮らし?

今回は俳優の北大路欣也さんをリサーチしてみました。

北大路欣也の高校、大学などの学歴・経歴

名前   北大路欣也
生年月日 1943年2月23日
出身   京都府京都市
身長   174cm
所属   ホリプロ

小学校・京都市立紫竹小学校

中学校・同志社香里中学校 → 暁星中学校

高校・暁星高校

大学・早稲田大学第二文学部

父親は俳優の市川右太衛門さん。

市川右太衛門さんは『時代劇六大スタア』と呼ばれた人気俳優でした。

小学校は京都市立紫竹小学校、中学は同志社香里中学校に進学。

同志社香里中学校は大阪府寝屋川市にある男女共学に私立校。

絵を描くことが得意で、中学時代には絵画コンクールで知事賞を受賞したこともあるそうです。

12歳の時に映画『父子鷹』で子役デビュー。

中学2年生の時に、標準語を身に着けるために東京の暁星中学校に転校。

高校も暁星高校に進学しました。

暁星中学校・高校はは東京都千代田区にある私立の男子校。

東京で唯一のカトリック系男子校で、歌舞伎役者を中心に、芸能人が多いことでも知られています。

高校卒業後は早稲田大学第二文学部演劇科に進学し卒業しました。

北大路欣也 本格的に俳優デビュー

北大路欣也さんは1956年、12歳の時に子役デビューし、1958年、15歳で映画『少年三国志』で

子役から活躍していいましたが、10代の頃は俳優を職業にする気はなく、出なさいと言われていたから出ていただけで、非常に甘く中途半端だったと語っていいます。

大学入学後の18歳の時、恩師や同窓の仲間と出会い、その情熱の凄さに圧倒され、自分はもうレールを引いてもらっているのにそんな情熱は持っていなかったと気付いたそうです。

1963年、映画『海軍』で現代劇初主演。

大学卒業後、1964年に舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』で舞台デビューしました。

1968年、25歳の時、大河ドラマ『竜馬がゆく』で主演。

1977年、高倉健さんとともに映画『八甲田山』に主演。

同映画は1977年の日本映画第1位を記録し、高倉健さんと北大路欣也さんは、

第1回日本アカデミー賞 主演男優賞

を受賞。

劇中の北大路欣也さん演じる。田大尉の台詞『天は我々を見放した』は当時の流行語にもなりました。

テレビでは時代劇を中心に活躍、近年では現代劇にも積極的に出演しています。

北大路欣也の妻や子供は?

北大路欣也さんが結婚したのは1977年11月。

34歳の時でした。

妻は一般女性。

年齢は6歳年下。

出会いは北大路欣也さんが21歳、妻が15歳の時で、13年間の交際を経ての結婚でした。

結婚式は母校の暁星学園内の聖堂で挙げ、小学生だった香川照之さんが暁星小学校聖歌隊として参加していたそうです。

2007年に北大路欣也さんが受賞した、紫綬褒章受章記念パーティでは、『受章は30年にわたって支えてくれた妻のおかげ』と語りました。

北大路欣也さんに子供はいません。

北大路欣也は現在、老人ホーム暮らし

北大路欣也さんは2014年頃から夫婦で介護付き有料老人ホーム入居していると報じられています。

入居したのは北大路欣也さんが71歳、妻が65歳頃のようです。

入居している老人ホームは都内にあり、高級ホテルさながらの設備だといいます。

食事は都会の夜景を見下ろすダイニングで、専属シェフの手による日替わりメニューを味わえ、ジャグジーやラウンジなどを備えているそうです。

ホームドクターと専属の看護師が常駐していて健康管理は万全、介護が必要な状態になった時にはケアスタッフによる介護を受けられるといいます。

『愛妻家の北大路さんとしては自分の留守の間に妻に何かあったらと心配でならない。それで万が一の時でも安心なホームに入ることを決めたようです。』

引用 https://www.news-postseven.com/

北大路欣也さんも妻も健康に問題はなかったそうですが、妻を心配しての入居だったと報じられています。

俳優カテゴリの最新記事